不真面目/真面目が1/1=1になるように

ファスティング復食期2日目!復食期が一番むずかしと言われる理由がわかった気がする

slooProImg_20150112185427.jpg

「う・・・ファスティングは全然大変じゃなかったけど、復食期が難しい・・・」

本日は復食期2日目。今までファスティングは楽勝でしたが、復食期でそのむずかしさにぶち当たりました。

広告


復食期2日目の食事

下が本日の食事のメニューです。復食期2日目から野菜などが解禁です。

  • 朝食・・・お粥(梅干しと海苔入り)+ 酵素ジュース
  • 昼食・・・乾物が具のおにぎり + 乾物みそ汁 + カボチャと小豆のいとこ + 煮ぜんざい
  • 夕食・・・人参のスムージーと酵素ジュース

P1122367

う・・・食べ過ぎた

復食2日目にしては若干食べ過ぎてしまいました。

イベントで食べ過ぎた

食べ過ぎたのは昼食。今回は前々からオフ会が入っていたので参加してきました。オフ会内容は美味しく小豆を煮るのと、乾物料理の実演です。乾物料理では乾物を使ったおにぎりとみそ汁を作りました。

イベントだとダメですね。目の前に食べものがあるので、注意をしていても食べ過ぎてしまいます。昼食が終わった時には腹痛などはありませんでしたが、満腹になっているのがわかりました。おかげで夕食は人参スムージーと酵素ジュースで十分でした。

予想以上に胃が小さくなってる

そして、考えが甘かったのが胃の大きさ。おにぎりも小さいものを選び。みそ汁もお茶碗で一杯。カボチャも二口。ぜんざいも小さなカップに。量を食べ過ぎないように気を使っていたのですが、自分の予想以上に胃が小さくなってました。普段では全然足りない量ですが、復食期には若干ハードだったようです。

復食期が一番むずかしい

今まで準備期、ファスティング期と過ごしてきましたが特にむずかしいなとは感じていませんでした。しかし、復食期は思っていた以上に難しいなと実感しました。

メニューマネジメントが困難だ

まず困難な理由としてメニューマネジメントです。準備期は制約はあるものの、気をつければ結構普通に食事ができます。普段から食事に気をつけている人なら、調理やメニュー選択もそれほどむずかしくはありません。ファスティング期も酵素ジュースだけを飲んでいればいいので、やることは簡単です。

しかし、復食期は制約が増え、少しずつ負荷を上げていく必要があります。重湯、お粥、具無しみそ汁、具ありみそ汁、野菜・・・。簡単だと思っていましたが、普段作り慣れていないものなので思っていた以上に頭を使います。

会社とイベントが鬼門

特に会社やイベントが大変です。準備期であれば健康な食事をとればいいだけなので、仕事の昼食も食事があるイベントもこなせます。ファスティング中はちょっと変な目で見られますが、酵素ジュースを飲んでいればいいだけです。

しかし、復食期は食べられるものが限られたなか、食事はしなくてはなりません。外出先でお粥などを食べるのは結構困難になります。今回も昼食はお粥がベストだったんですが、少量とはいえおにぎりを食べてしまいました。なかなか外出先で復食を食べるのは難しいです。

明日の昼食どうしよう・・・

連休があけて明日から会社が始まります。復食期3日目となるため、明日まではお粥で過ごすのが理想的です。明日の昼食はどうしましょう。頭を悩ませております。

スーパーなどで売っているお粥は酸化防止剤などが入っているので、できれば避けたいところですが・・・

我思う故に我あり

復食期でこんなに悩むとは思いませんでした。ん〜これは次回の課題となりそうです。やっぱり理論だけでなく実際にやってみるのが一番ですね。

広告

そのうち書く予定の記事

結局会社の昼食はどうしたか
気になる人は是非Feedlyの登録を!

follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする