不真面目/真面目が1/1=1になるように

良いグルメ記事を書きたければブロガー同士で集まれと思う3つの理由 初心者ほどおすすめ!

slooProImg_20150226193023.jpg

「お店のレポとか書きたいんだけど、やり方わからないし、写真撮るのが恥ずかしいんだよね・・・」

良いお店を見つけると人に紹介したくなりますよね。ブログを書いていると良い店ほど熱がはいり、楽しんでグルメ記事が書けます。

しかし、ブログを始めて間もない時は書き方がわからなかったり、カメラ片手に挙動不審になったりと苦労しました。他のブロガーの皆さんも経験あるんじゃないでしょうか。

そんなこともあり、先日あるブロガーオフ会に参加しました。参加者は、先日登壇したセミナーの皆さん。ブログを初めてまだ間もない人がほとんどです。オフ会の目的は飲食店に行きグルメ記事を書くこと。
生まれて初めての登壇は、とても甘美で興奮する体験だった – Fu/真面目に生きる

参加してみるとこれがタメになるし、面白い!今回はブロガー同士が集まってグルメ記事を書くメリットを3つ紹介します。


広告

1.ブロガー同士だと周りから浮かない

ブロガー同士で飲食店に行くと、凄く行動が楽なんです。全然気を付いません。

飲食店の記事を書くとき、まずネックになるのが周りから浮くこと。お店の写真を撮ったり、食事の写真を撮ったり。この食材はなんですかと店員さんに聞きまくったり。

これって一般(ブロガーじゃない人)の人と一緒だと、凄く浮きます。もうプカプカ浮きまくります。飲食店で一眼レフカメラとかを取り出してパシャパシャとか、周りから見たらただの変態です。

自分がブログを書いてることをいちいち言わない人も多いですよね。僕も会社の人とお店に行っても、全然撮影できません。

でも、周りがブロガーなら安心。本気で写真を撮る時も全然気をつかいません。むしろ写真を撮る前に食べだしたら怒られます。

綺麗な写真を撮るために机の上のゴミを片付けて、料理が来たらサッと順番に写真を撮影。他人の写真の邪魔にならないように気をつけたり。コンビネーション抜群です。

仕事もこれくらい上手くすすんだらいいのに・・・

2.ブロガー同士で行くと色々注文できる

2つ目が色んな料理を注文できるということ。一人で飲食店に行っても、一、二品くらいしか注文できません。しかし、何人かで行けば色々な種類の料理を注文できます。

また、ブロガー同士だと他人の料理を撮影するのも全然問題なし。普通の人に「ちょっとその君の料理を撮らせてよ」とか言い辛いです。

広告

あとはちょっとネタみたいな料理も注文できます。ブロガーはネタに飢えてるんです。

3.ブロガー同士だと色々情報交換できる

そして最後が、ブロガー同士で行けば色々と情報交換ができます!

  • 写真の撮り方
  • カメラの選び方
  • ネタの選び方
  • ブログの書き方
  • 最近行った面白いお店
  • 自分のネタになりそうな情報

グルメ記事以外のことでもドンドンと情報交換ができます。お互いにブログを読みあっているので、自分のネタになりそうな情報もドンドン集まるんです!

ブログ初心者ほどおすすめ

こんな食レポオフ会ですが、ブログ初心者ほどオススメです。

お店で写真を撮るのを躊躇しても大丈夫。みんなで渡ればこわくない。

何を注文すればわからなくても大丈夫。みんなで色々注文すればいいんです。よい料理が見つかります。

そして、お酒を飲んでワイワイガヤガヤすると話も弾みます。ちょっと緊張する先輩ブロガーにも突っ込みやすいはず!

さらに他の参加者が書いた記事を読むと凄く勉強になるんですよ。「あ〜そういう切り口があったか」。「あ!その写真は撮ってなかった!今度から真似しよう!」なんて。

我思う故に我あり

ちなみにオフ会で訪れたのはこちらのお店。パクチー専門店があるとは聞いていたんですが、行く機会がなく。オフ会がなかったら行くことはなかったかもしれません。パクチー食べまくったので、これでベトナム行っても大丈夫です!
パクチーバー 渋谷 え?これにもパクチーいれるの!デートとか女子会なんかにおすすめのパクチー専門店

他の参加者の人が書いたのはこちらの記事。一緒のお店に行ったのに全然違うなと。
渋谷 パクチーバー パクチー好きの天国は予約がベター
【グルメ】パクチー天国♪渋谷にあるその名もパクチーバー「ゴールデン・バーニング」に行ってみた! – 「ある」日常
ブログ入門セミナーのオフ会に参加してきたよ!! | 日々ホフク前進

そのうち書くかもしれない記事

ベトナムでオフ会とかできないかな・・・
気になる人は是非Feedlyの登録を!

follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする