不真面目/真面目が1/1=1になるように

ホーチミン駐在員 無事にサービスアパートメントに!良かった点・悪かった点

ホテルからサービスアパートメントに移り一週間がたちました。

せっかくなので部屋の様子を紹介。ホテルと比べて良い点・悪い点についても書いてみます。

広告

部屋の紹介

まずは部屋の紹介から。

借りた部屋は1Kタイプ。部屋の真ん中には大きなダブルベットがドン!と。何軒かのサービスアパートメントを回りましたが、どれも内装が乙女チックでした。ベトナムだと一般的なのかな?

別サイドから。こちら側には大きなクローゼットが備え付けられてます。クローゼットの左脇にあるのは洗濯物入れ。ここに洗濯物を入れておくて、洗ってくれます。中1日くらいはかかりますが、これも家賃内のサービス。

このクローゼットも花柄で大変乙女チック。まあ、女子力が高い僕は全然気になりません。

大容量のクローゼットには荷物がいっぱい入ります。サービスアパートメントは長期滞在向けなので、この辺はしっかりしてますね。

ベットの足元のあたり。大きなテレビと机が。料理をして食事をする場合はここで食べることになります。

こちらはキッチン。一人暮らしには十分な冷蔵庫を完備。大型のミネラルウォーターも家賃込み。無くなると取り替えてくれます。

キッチンは広々大理石。熱源にはIHを使用。炊飯器、瞬間湯沸かし器、包丁、まな板、食器二組、フライパンは備え付けられてます。

こちらはトイレ兼浴室。写真の右側は洗面台になってます。

ホテルと比べてここがいい!

一週間住んでみてホテルに比べて良かった点を。

キッチンがいい!

まずはキッチン。ホテルからサービスアパートメントに引っ越したかった大きな理由の一つ。

時間がないからどこまで自炊するかわかりませんが、やっぱりキッチンがあるといいです。朝食の果物なんかもササッと切って用意できます。

家でチャチャっとツマミを作って、333(ベトナムのビール)を飲むなんてのもいいですね。

浴槽がいい!

続いて気に入ったのが浴槽!ホテル暮らしの時はシャワーのみだったので、浴室がメチャクチャ嬉しい!

広告

日本みたいに洗い場と浴槽が分かれてないのが残念ですが。とりあえず浴槽にお湯をため、体も洗わずドボン。その後頭と体を洗っています。(こういうタイプの正しい入り方ってどうするんだろ?)

収納がたっぷり!

写真にもあるように収納がたっぷり!ホーチミンには半年間滞在するので、結構な荷物を持ってきました。

そのため、ホテルの収納スペースでは小さくて・・・このサービスアパートメントならたっぷり収納できます。むしろ収納が大きすぎるくらいかも。

ホテルと比べてここが悪い

サービスアパートメントといっても、いいことばかりではありませんでした。今度はホテルと比べて悪い点を。

アレがない

「あ〜ホテルならアレがあるのに」ってのが何個かあります。具体的にあげてみると

  • ドライヤー
  • 綿棒
  • 石鹸
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • スリッパ
  • トイレットペーパー

大抵のものはスーパーで揃ったんですが、困ったのはドライヤー。さすがにスーパーなどでは売ってなく。5日間ドライヤー無しで過ごしました。

色々惜しい

あとは微妙に惜しい点が何個か。例えばトイレ。トイレットペーパーをつける器具はあるんですが、設置場所が悪くてトイレットペーパーが入らず。あと洗面台にコンセントが無いんです。ドライヤーをかける時はわざわざ鏡台の方まで行く必要が。

また、キッチンにはタオルをかける場所がないんです。料理をしたり、食器を洗う時に使いにくい!

あとは机。机というよりもただの台なので、座って食べるのには適してないんです。

我思う故に我あり

まあ、全て気に入った訳ではないですが満足度はかなり高いです。色々買い揃えて居住空間を良くしていくのも楽しみの一つ。

昨日ドライヤーを買っただけなのに、凄く達成感がありました。3月以上の滞在ならサービスアパートメントをおすすめします!

関連するページ

・ホーチミン駐在員 ホテル暮らしに飽きてきたのでサービスアパートメントを検討中
・ホーチミン駐在員 サービスアパートメントの契約終了!色々注意事項があった

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする