不真面目/真面目が1/1=1になるように

一生お金に困らない生き方の実証は失敗したけど、色々気付かされた話

先日の記事で心屋さんの一生お金に困らない生き方を実証してみようと書きました。
一生お金に困らない生き方を証明する方法を思いついた | Fu/真面目に生きる

しかし、結論からいうと失敗です。失敗というかそもそも実証方法に問題があるということがわかりました。今日はその辺の話を。

スポンサーリンク

実証しようとメールしてみた

記事を書いた当日、僕は早速一人の方にメールしてみました。「お金をもらってください!」と。この方は心屋さんの本も読んでるし、面白がって了承してくれるかなと期待してました。

お金をもらってほしい旨と、下記の条件を添えて。

①僕のブログで紹介することをご了承ください
②何に使ったか教えてください。

何に使ったか教えるだけでお金がもらえる。受け取った側からしたら破格の条件ですよね。

何かに期待しているんじゃないか?

断られることはないだろうとタカをくくってました。だって、相手からしたらなんの損もないですからね。

しかし、彼からのメールは予想外のものでした。

企画自体は面白いねと言ってもらえましたが、多分このやり方は間違ってるんじゃないかな、と。

もらったメールのなかで、一番ギクッとしてしまったのは『無意識に具体的な何かを期待してんじゃないかな?』という文章。

この人はブロガー竜さん。僕より何倍も読者がいるブロガーさんです。自由に生きてて羨ましいな、この人だったら面白くお金をつかってくれるだろうと思いメールしました。お願いした時には下心なんてありませんでした。だから、それをブログに書いてほしいなんて期待もしていませんでした。
(竜さんのブログはこちら)
CLOCK LIFE*

しかし、このメールをもらった後、自問してみました。本当に下心がなかったのかと。すると100%下心がなかったなんて言えない自分がいました。

それが50%なのか、1%なのかわかりません。もしかしたら0.001%くらいの下心かもしれません。でも堂々と『0%です!』って言い切れないんですよ。

たぶん、このまま強引に説き伏せば企画を実行できたと思います。しかし、その場合竜さんが受け取ったお金は「何だか知らないけど」ではなく「僕の下心が入ったお金」となってしまいます。

これでは実験の趣旨にも反します。何より後味が悪いですよね。

人知れずやる神社ミッション

そんな中、竜さんがすすめてくれたのが神社ミッション。これは心屋さんの本でも紹介されています。

やり方は簡単。近くの神社。それもさびれてて、なんのご利益もなさそうな方がなおよし。そんな神社に行き賽銭箱に1万円を入れてくるんです。(神社が嫌ならお寺でも教会でもいい)

ミッションの目的は何の意味もない、何の見返りもない、無意味で損なことにお金を使うこと。見返りを期待せず、自分の存在価値にお金をしはらうこと。

今回僕おかしたミスを正すためにもうってつけですよね。きっとそのお金はまわりめぐって誰かのもとにいくので、最初の実験も実証できたとも言えます。

やってみたことに後悔はない

今回は自分の浅はかさがとてもはずかしいなと感じました。やってることはマイルドにした成金と一緒です。金をあげるからやってくれと。

穴があったら入りたいぐらい。ホーチミンのクチトンネルにでも行ってこようかな…

そんな恥ずかしさはありますが、行動したことに後悔はありません。行動したことで気付いたことがたくさんあります。多分、行動しなかったら何も得られなかったでしょう。

我思う故に我あり

神社ミッションは前から知っていながら実行できていませんでした。この前の帰国の時にやろうとしながら忘れていたり。きっと、このタイミングでやることに意味があったんだなと。勝手に納得してみたり。

ホーチミンでご利益がなさそうな神社を探してみるか!

読んで行動すると面白い心屋さんの本はこちら

この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!
役立つ情報をお届けします!

Twitter で

スポンサーリンク

プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5