不真面目/真面目が1/1=1になるように

ニャンニャンって単語を聞いて無駄に興奮したけど全然違った

slooProImg_20150724201756.jpg

外国語を聞いているとたまに「え?」ってなることありませんか?空耳だったり、母国語の単語に似ていたり。

今回紹介するベトナム語はまさにそれ。結構使われているんですが、聞いた瞬間耳を疑ってしまいました。

それは nhanh nhanh (ニャン ニャン)

広告


ニャンニャンの意味

nhanh(ニャン)はベトナム語で「早く」という意味。nhanh nhanhで「早く 早く」となります。

よく仕事でこの単語を聞きます。例えば見積もりをお願いするときに「ニャンニャンね」と。

ニャンニャン、ニャンニャン言っているんでてっきり下ネタかと。聞いてみたら全然違ってガッカリしました。
(あれ?もしかしてニャンニャンって死語?30代以上の人はわかりますよね?ニャンニャン写真とか有名ですよね。誰のスキャンダルだかまでは知りませんが)

自分でもつかってみた

せっかくなので自分でも使ってみました。仕事の時に、食事の時に。

ニャンニャンね

ニャンニャンね

ニャンニャンね

面白がって使ってみたんですが、あまり早くなってくれません。

正確にいうと違うらしい

どうも調べてみるとニャンニャンでは正確ではないようです。ベトナム人が「早く早く!」と頼む時は違う単語を使うんだとか。

ニャンニャン、ニャンニャン言っているのは日本人だけ。確かに、思い返してみたらニャンニャン言っていたのは日本人だけでした。そうか。日本人はただニャンニャン言いたかっただけなのか。

ベトナム人が「早く早く!」と言うときは
nhanh lên ニャンレン

とか、

làm nhanh ラームニャン
と言うそうです。詳しくはこちらのサイトを。
【間違いだらけのベトナム語】ニャンニャンって言わないでね |ベトナムから世界へ!目指せPolyglot!多言語話者への終わりなき道

広告

我思う故に我あり

どうも仕事の進みが遅いなと思っていたら、ニャンニャンだったからですね。次回からはニャンレン!ニャンレン!叫んでスピードあっふ

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする