不真面目/真面目が1/1=1になるように

ベトナム人の金銭感覚に学べ!幸せなお金の使い方4つのポイント

みなさん幸せなお金の使い方はできていますか?

先日、ベトナム人彼女の家族と食事をする機会がありました。日本食レストランで食事をし、食事代は彼女のお兄さんが奢ってくれました。

日本人の僕からしたらたいした金額ではないんですが、ベトナム人にとっては結構な出費です。

ちょっと心配して彼女に大丈夫なのか聞いてみました。彼女は「大丈夫だよ!何も問題ないよ!」と明るくこたえ、ベトナム人のお金の使い方を教えてくれました。

なるほどなと納得できる話でした。今回はベトナム人の幸せなお金の使い方に関して、ポイントを4つに分けて説明します。

広告

1.今を楽しむためにお金をつかおう

まずは今を楽しむためにお金をつかうということ。ベトナム人はあまり貯金をしないそうです。

そもそも給料が低いというのもあります。しかし、大きな理由はあまり将来の不安ばかり考えて過度な貯金はしないそうです。

起こるかわからない未来の不安のために貯金をするのではなく、確実にある今という時間のためにお金を使うんだそうです。

確かにベトナム人は収入の割に高いものを買うし、高額なレストランで食事をします。不思議だなと思っていたんですが、こういう理由があったんです。

2.お金をつかったら稼げばいい

二つ目はお金をつかったら稼げばいいということ。

ベトナム人は今日いっぱいお金をつかったら、明日以降また稼げばいいと思ってるそうです。

確かに明日以降もお金が入ってくるというあてがあるなら、今日つかっても何も問題ありませんよね。

多くの日本人はわかっていながらも実行できないのではないでしょうか。明日以降お金がはいってくるあてがあっても、今日つかうことに躊躇しちゃいますよね。

3.ムダ遣いはしない

三つ目がムダ遣いはしないということ。

今を楽しみ、お金をつかったら稼げばいいと思っているベトナム人ですがムダ遣いはしません。

デートをするときは僕が全て払っていますが、高いお店ではなく安くていいお店を探してきます。伝票はしっかりとチェックするし、服などにもあまりお金をかけません。

一方、骨折した母親のために自分のお小遣いを削ってでも薬を買います。

広告

ベトナム人はなんでもかんでも財布の紐を緩めるのではなく、必要なものにお金をかけるんです。

4.家族で楽しむためにつかう

最後は家族が楽しむためにつかうです。

ベトナム人は家族を大切にします。家族が集まるときはご馳走を用意するし、家族に色々プレゼントを贈ります。

自分のためにお金をつかうのではなく、家族で楽しむためにお金をつかうんです。

この前彼女の家族と食事をしたときも彼女は言っていました。「これだけ家族が集まって楽しく食事したんだから多少の出費なんて全然問題ない」って。

自分で稼いだお金を、家族のためにつかえることが幸せなそうです。

我思う故に我あり

いかがでしたでしょうか?日本人の方がベトナム人より全然収入が高いですが、
ベトナム人の方が幸せにお金をつかっていると思いませんか?

ローカルのベトナム人とか見ていても幸せそうな顔をしている人がいっぱいいます。お金はいくら稼ぐのではなく、どうつかうかが大事なんだなとおもいました。

幸せなお金の使い方をし

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする