不真面目/真面目が1/1=1になるように

ホーチミンからフーコック島へ!ジェットスターパシフィックで約1時間のフライトで着いちゃうんです!

ベトナム最後の秘境フーコック島。最後の秘境とか言っちゃうくらいだから、さぞホーチミンから遠いいのかと思ってしまいますよね。

しかし!全然遠くなくて、飛行機を使えば1時間くらいで着いちゃうんです。今日はホーチミンからフーコック島へのフライトまでについて書きます。

広告

注意!ジェットスターパシフィックはウェブチェックインできない

やってきましたホーチミンのタンソンニャット空港。ホーチミンからフーコックへは国内便になるので間違いないようにしてくださいね。この日は土日のお昼後ということで、結構多くの人がいました。
タンソンニャット空港

ジェットスターは専用のカウンターがあるので、まずはここを目指してください。紛らわしいところでVietjet Air(ベトジェット エア)っていうLCCもあるので、間違わないように気をつけて!
タンソンニャット空港 ジェットスター

ジェットスターパシフィックはウェブチェックインができません。チェックインはチェックインカウンターへ。ジェットスターの中でもウェブチェックインができないのは珍しいケースみたいです。普段ジェットスターに乗り慣れてる人は注意してください。
タンソンニャット空港ジェットスター

チェックインはスマホの画面を見せるだけ。プリントアウトした紙など必要ありませんでした。旅先だとプリントアウトとかできないデスからね。写真は僕が予約した際に受けとったメール。予約コードが書かれています。
ジェットスターパシフィック

搭乗口の近くにも飲食店あり!

チェックインを済ませたらサッサと荷物検査を終えてしまいましょう。タンソンニャット空港は大きい空港なので搭乗口もたくさんあります。自分が乗る飛行機の搭乗口に近い荷物検査場へ。

時間によってはお腹が空いてる人もいますよね。荷物検査を終え、搭乗口の近くにも飲食店はあるので安心してください。フォーとか生春巻きとか、ベトナム定番の料理なら大抵揃ってます。フーコックまではフライト時間も短いので、機内食をゆっくり食べてる時間はありません。
タンソンニャット空港 フードコート

タンソンニャット空港

果物なんかも売っていますが、皮をむいてないので食べるのはちょっと難しいかもしれません。
タンソンニャット空港

フライト時間は1時間だからすぐ着いちゃいますよ!

飛行機が遅れたりすることがあるので注意してください。ベトナム人はゆっくりしてるので、搭乗口の受付の時間になってもスタッフが現れなかったりします。

今回はちゃんと時間通り出発の30分前から受付開始しました。

飛行機まではバスに乗っていきます。と言っても、ほんの50mくらいの距離。みんなでぞろぞろ歩かれると危ないんでしょうね。

今回の搭乗は前後二つのドアから。自分の座席番号などを確認して、近い方から乗ると楽です。日差しが強いので、お子さん連れとかは注意してください。

広告

機体にはベトナムの国旗がシッカリと。

この日はファーストクラス以外の席はほぼ満席。フーコック島人気あるんだなと。

機内食は良心的な値段です。食事で50,000VNDから。日本円で250円ほど。ただし、フライト時間が短いのでゆっくり食べてる時間はないです。食事が楽しめるのは20分ほどでした。
ジェットスターパシフィック機内食

飲み物付きのメニューもあります。
ジェットスターパシフィック機内食

水とペプシコーラを購入。ペプシにはコップ・ストローと氷が付いてきます。
ジェットスターパシフィック機内食

実先に空を飛んでる時間は45分程度。機体が上がったとおもったら、ゆっくりする間もなく降下をはじめます。電子機器類もそんなに長い時間使えません。電子書籍でも読もうことおもっている人はご注意ください。

フーコック国際空港に到着!

ついに到着しましたフーコック国際空港!2014年の11月に出来たばかりなので、まだ1年たっていません。

人の数に比べてちょっと大きすぎる気もしますが、今後の発展する可能性があるため大きくしたんじゃないかと。

空港の外は周りに何もありません。外に出て写真を撮ってるのも僕だけでした(笑)

空港から市内までは車で行くしかありません。ジェットスターの送迎車なら市内の中心地まで50,000VNDで連れてってくれるようです。これは安い!とりあえず市内に行きたい人にはいいかも。

僕らは今回色々回りたかったので、空港のツアー会社に交渉。

ベトナム人の彼女ががんばってくれました!

我思う故に我あり

いかがでしたか?ホーチミンからフーコックまでめっちゃ近いので、ホーチミンに来るさいに行ってみてはどうでしょうか。

予約も搭乗も難しくないので、おすすめですよ!

ベトナム観光のためのガイドブック

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする