不真面目/真面目が1/1=1になるように

新宿 タカノフルーツパーラー/パフェの聖地!とちおとめ苺のパフェを男1人で食べてきた!

slooProImg_20151125211951.jpg

パフェを出すお店は数あれど、誰もが知ってて、やっぱり定番だよねってお店は数件。

今回はパフェの中でもメジャー中のメジャー。タカノフルーツパーラーに行ってきました。さすが果物で有名なお店。フルーツパフェから立ちのぼるオーラが別物でした。

そして、男1人でパフェを食べるのもハードル高いお店でした…

広告

2時間待ちのバイキングを尻目に、さっそうと男1人パフェ

やってきましたタカノフルーツパーラー新宿本店。来店するのはかなり久しぶり。学生のときに、当時の彼女と来ました。バイキングを食べに来て、待ち時間が長すぎたのでケンカした記憶が…。今回訪れたのは日曜日の夕方。なんとバイキングは2時間まち!
タカノフルーツパーラー バイキング 待ち時間

2時間待ちしているお客さんを尻目に、僕はフルーツパーラー(喫茶)の方へ。こちらはすぐ案内されました。

ここからは泣く子も黙るオシャレ空間。女子力高い店内。男性客もいますが、カップルや家族連れのみ。男単身で乗り込んできたのは僕だけみたいです。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

ほら。女子力が高すぎて、メニューもピンク。男の一人客のことも想定して、黒色を用意してくれるとつれしいんだけどな〜一週間に一回くらいはそんなお客もいるんとおもうんですよね。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

パフェを目当てで入店しましたが、パフェ以外も美味しそうです。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

このプリンアラモードなんて、プリン以外の部分(アラモード?)が豪華すぎます。これは子供に食べさせたら、今後つけ上がりそうなくらい豪華。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

定番のフルーツパフェ。11種類のフルーツを使ってるそう。色々な果物が楽しめるのはお得。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

創業130周年限定の志賀高原のアップルパフェ。リンゴだったのであまりひかれなくてスルー。でも、いま考えてみたら、タカノフルーツパーラー130年の自信をこめて提供してるパフェ。想像よりも美味しいかも。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

和栗のパフェ!これは絶対に美味しそう!でも、先日資生堂フルーツパーラーで和栗のパフェは食べてるので、今回は泣く泣くスルー。僕が分身の術使えていたら、確実に食べてましたね。
資生堂パーラー サロン・ド・カフェで11月の限定パフェを堪能してきたぞ!銀座本店に男ひとりは恥ずかしかった!笑
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

ということで、今回選んだのはとちおとめ苺のパフェ!(1836円)。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

広告

メニューにはとちおとめを丸ごと、大胆に飾りつけたパフェと。たしかに写真を見ると小細工なしに、苺をトップに据えたフォーメーションです。
タカノフルーツパーラー 新宿本店 パフェ

これでもかってくらいの苺と、単にフルーツだけじゃない手のこんだパフェ!

きました!とちおとめ苺のパフェ!まずは全体を写すために上空から、ひき気味の写真。そこらかの
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

アップでドーン!大量の苺がパフェの上でたわむれています。
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

斜め下からながめるパフェ。トップの苺もさることながら、その下も綺麗に層ができています。美しい。こんな地層ばかりだったら、理科の勉強も楽しくなるのに。
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

後姿も美人。美味しそうなシャーベットが隠れています。
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

主役の苺。味もさることながら、形がキレイ。農家の方々が頑張って作ってくれたんですね。ありがとうございます!
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

生の苺の下には、苺のグラニテ。横から見たときにフレークに見えたのは、パイ生地みたいな食感でした。
タカノフルーツパーラー とちおとめ苺のパフェ 新宿本店

感想としては苺もちろん美味しい。すごく美味しい。そして、さすがだなと思ったのは生の苺以外の工夫。苺のシャーベット。苺のグラニテ。パイ生地。ソフトクリーム等で苺の味に飽きがきません。シャーベットとグラニテなんて似たようなものですが、食感・甘さを変えることで全然違う味わいを出しています。

苺の美味しさにたよることなく、様々な工夫で苺を食べさせてくれるパフェ!おいしかった!

我思う故に我あり

いや〜美味しかった。やっぱり果物屋のフルーツパフェはおいしいですね!

それにしても、店舗や季節によって限定メニューがあるから、いつ行っても楽しめますね。今回紹介したとちおとめ苺苺のパフェがなくても、違った果物を使って、工夫をこらしたパフェが食べられるはず。

フルーツパフェが食べたくなったら、タカノフルーツパーラーへ!

パフェ好きならこちらもいかがですか?

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする