不真面目/真面目が1/1=1になるように

六本木「yelo」のかき氷はやばいくらいフワフワ!珍しいシロップとトッピングもたのしいぞ

slooProImg_20150628172518.jpg

今回紹介するのは六本木にあるyelo

カキ氷 カフェ&バーという面白いお店に。カフェ&バーというだけあって、平日は明け方の朝までやってるとか!お酒を飲んだ後に酔い覚ましとかにも使えそうなお店です。早速紹介してみましょう。

広告


yelo

お店までの行き方

お店に行く際は各線の六本木駅から徒歩で。5番出口から200mほどになります。

  • 六本木駅 5番出口

お店の外観

こちらがお店の外観。心なしか「氷」の文字がポップな気がします。カフェ&バーというだけあって、外見は老舗のカキ氷屋とは一線を画してますね。

店内の雰囲気

店内の様子は撮影できなかったんですが、テーブル席とカウンター席が。外見と同じくポップなカフェ&バーという感じ。デートでも使いやすそう。

yeloで使用しているカキ氷機はSWANのSI-100S。電動ではなく手動式でパワフルに氷を削るタイプ。
swanのSI-100S

冷凍庫。yeloさんは純水の氷を使用。温度管理を徹底して、0度に保ってるんだとか。カキ氷食べまくると変わるんですが、氷の質とか温度管理ってメッチャ重要なんですよ。天然氷の方がフワフワで美味しいカキ氷ができると言われてます。しかし、純水でも氷を作る過程と、温度管理をしっかりしておけばフワフワで頭が痛くならないなカキ氷ができるんですよ。
yeloの氷は純水

メニュー

メニューもオシャレ。短冊状の細長いメニューがまとめられています。
yeloのメニュー

メニューの中にはカキ氷へのこだわりが。氷やトッピングの説明がのっています。
yeloのメニュー

各カキ氷のメニューには値段と、どんなカキ氷説明文が。珍しいのは英語が併記されています。六本木という土地もあり外国人のお客さんも多いのかもしれません。オススメのトッピングも書いてあるので、参考にするといいかと。
yeloのメニュー パステル

各種トッピングは全て100円。グラノーラ。ヨーグルトソースなどあまりカキ氷のトッピングでは見かけないものも。
トッピング

トッピング

パステルズ

今回注文したのはパステルズ(950円)。ローズシロップとバニラシロップのダブルシロップでなんかお得かなと思い。上にのっているのは香川の伝統和菓子「おいり」。パステルズを注文するとおいりのトッピングが無料でついてきます。

店員さんのオススメであずきのトッピングもつけてみることに。

味の感想として、あまりローズシロップの感じはわからなかったですね。ただ、ローズシロップとパニラシロップの組み合わせはさっぱりしていて、食べてて全然あきません。

また、おいりがいいアクセントになってます。初めて食べたんですが、あられの様に見えて口どけ柔らか。口に入れた瞬間氷がスッと溶けて、それに続いておいりが微かな余韻を残して消えます。

広告

何回もシロップをかけながら氷を削っているのか、中までしっかりと味が付いてます。崩れやすいの食べる時は真ん中から下に掘っていく感じで。

あずきはいらなかったな…

我思う故に我あり

やっぱり日本のカキ氷は美味しいです。これから夏にかけて、もっとカキ氷屋も混んでくるんだろうな〜。

僕は9月の初めころに帰国予定なんですが、その頃までカキ氷やっててくれると嬉しいな。

関連するページ

・かんな 三軒茶屋 住みたい街のカキ氷屋はやっぱり魅力的なお店だった!
・追分だんご本舗 新宿本店 老舗だんご屋のカキ氷!美味しい白玉と金時必須!
・三徳堂 銀座 プーアル茶専門店の夏季限定かき氷!これが台湾のカキ氷か!

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする