不真面目/真面目が1/1=1になるように

コク泡 缶ビール専用ビアサーバー めっちゃ泡がクリーミーで旨い!

P1050121.JPG

自宅でこんなにクリーミーな泡ができるなんて!

P1050121

前回の記事で検討したビールサーバーコク泡が届いたのでレビューします。
美味しいビールが自宅でも飲みたい!家庭用ビアサーバーを検討してみた!

広告


開封の儀

では開封の儀からいってみようかとおもいます。

まずは箱。ビアサーバーといってもハンディタイプなので、かなりコンパクトです。使わない時期は箱にいれてタンスにしまっても邪魔にならないかと。

箱には「超音波でクリーミーな超極細胞」の文句が。これは期待が高まります!

箱の側面。コク泡は一般的な350ml / 500mlの缶ビールに対応しています。単三電池2本で約3時間30分(350ml缶で1260本分)使用可能です。

中身です。とてもシンプルな機器が一つだけ。

袋をとってみました。(青い部分はシールだったのではがしてしまいました。)

下から撮ってみました。

一つだと思っていたら、二つに分離しました!超音波を発生させる部分が分離します。これで故障を気にせずに洗浄もできます!

超音波を発生させるために単三乾電池が2本必要になります。

超音波を発生させてみます。スイッチを入れると赤く光出します。持ってる感じは違いをあまり感じません。

超クリーミー!!

では実際に使ってみましょう。

広告

缶ビールに「カチッ」と鳴るまで押し込んで取り付けます。(最初ちゃんと取り付いていなくて缶が落ちて大惨事になりました。σ(^_^;))

まずは超音波のスイッチを入れないで注ぎます。

ある程度ビールが入ったらスイッチオン!!凄い勢いでクリーミーな泡が出てきます。

動画はこちら。

ちょっとしたコツ

使ってみてコツがあるなと思ったので書いておきます。
・そそぐ時はよく傾ける
・最初は器具を取り付けないでそそぐ

そそぐ時はよく傾ける

サーバーを取付けてそそぐとビールの出が若干悪くなります。気持ち大きめに傾けてビールをそそぎましょう。

最初は器具を取り付けないでそそぐ

サーバーを取り付けると超音波ボタンを押さなくても泡立ちます。これはそそぎ口が入り組んでいるせいだと思われます。ただし、泡の粒子が大きくて美味しくありません。

そのため

最初はサーバーを取り付けずにビールをそそぐ

後半はサーバーを取付けてクリーミーな泡を入れる

という方法の方が美しいビールができます。

我思う故に我あり

暑くてジメジメした日は冷えて喉越し爽やかなビールが最高ですね!

コク泡のおかげで今夏のビールライフがより一層楽しめそうです。試してみたらノンアルコールビールでもできるので、アルコールがダメな方も是非とも検討してみてください!

by カエレバ

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする