不真面目/真面目が1/1=1になるように

東中野名物「大盛軒」の鉄板麺は一度食べたらクセになるB級グルメ!ランチで豪快に食べたいときにおすすめ

IMG_9882.JPG

本日は東中野の「大盛軒」を紹介します。

僕は小学生のときから25年ほど東中野に住んでいました。

大盛軒は東中野に住んでいる人なら誰もが知っているお店。

昔から食べて親しんだ味。

特に名物の鉄板麺。引っ越した今でも無性に食べたくなるときがあります。

広告


大盛軒は東中野駅から徒歩20秒で超近い!

やってきました大盛軒。読み方は「おおもりけん」が正解。場所は東中野駅東口の改札を出て、右側の階段を降りるとすぐ。
大盛軒 東中野

東中野駅から出て、そのまま大盛軒で食事していく人が多いんです。

お店の窓に張り出されているメニュー。中華料理と定食屋があわさったようなラインナップ。
大盛軒 東中野

一番人気で名物なのは「鉄板麺」。
大盛軒 東中野

店内の様子。繁盛しているので、いつ来てもお客さんがいます。とはいえ店内は広いので、満席で座れないってことはありませんでした。
大盛軒 東中野 鉄板麺

メニュー表。
大盛軒 東中野 鉄板麺

鉄板麺にもいくつか種類があるんです。スタンダードは豚肉を使ったタイプ。そのほかに牛肉を使ったり、ウインナーを使ったり、肉を使わない野菜鉄板麺なども。
大盛軒 東中野 鉄板麺

個人的にはスタンダードな豚肉の鉄板麺がおすすめ。

鉄板麺とはその名の通り鉄板焼きとラーメンのセット。ついてくるラーメンは半ラーメン。ラーメンをつけないと50円安くなります。50円だけの違いなので、絶対ラーメンをつけた方がお得!
大盛軒 東中野 鉄板麺

追加料金を払えばライス、麺、肉の大盛りが可能。

30円引きでライス少なめにもできるので、ダイエット中の人でも大丈夫ですよ。

広告

鉄板麺の7つの魅力。最後の魅力7あたりは無理やり出したし感じもしますが(笑)
大盛軒 東中野 鉄板麺

これが東中野の人々のDNAに刻まれた鉄板麺だ!

やってきました鉄板麺(880円)。今回はスタンダードな豚肉の鉄板麺をオーダー。
東中野 大盛軒 鉄板麺

運ばれてきたばかりの鉄板焼き。熱々で湯気が立ち上っています。美味しく食べるためにはここからが勝負。
東中野 大盛軒 鉄板麺

鉄板麺の美味しい食べ方。メニュー表の裏にのってます。この食べ方通りに食べるのがおすすめ。
東中野 大盛軒 鉄板麺

やり方は簡単なんですが、鉄板が熱いうちに素早くやりましょう。
東中野 大盛軒 鉄板麺

中央部にくぼみをつくって、生卵を割り入れます。
東中野 大盛軒 鉄板麺

カリカリニンニク、テーブルの上にあるタバスコをドバーッとかけます。僕は一緒についてくる漬物も入れちゃいます。タバスコは入れすぎると酸っぱくなるので注意してください。
東中野 大盛軒 鉄板麺

全部入れたら鉄板が熱いうちに急いでかき混ぜます。鉄板が冷めちゃうと、上手く卵に火が通らないんですよね〜。
東中野 大盛軒 鉄板麺

完成!うまそう!
東中野 大盛軒 鉄板麺

ご飯と一緒にかきこみます。ニンニク、卵、濃い目のタレが合わさってB級的ながら本能が「美味い」と感じる味。この味がクセになって、定期的に食べたくなるんですよ!
東中野 大盛軒 鉄板麺

一緒についてくるラーメンはシンプルな名脇役。もちもちの平麺はスルッと軽く食べられる。結局こういうラーメンが一番美味いんじゃないかと感じる味です。
東中野 大盛軒 鉄板麺

我思う故に我あり

あ〜美味しかった。

単純な料理なんですが、クセになるんですよね。

ボリュームが多いのでランチに食べるのがおすすめ。ニンニクの臭いだけご注意ください。

僕は近くの美容院に通っています。美容院に行く前は、ニンニクの臭いが気にって食べられないんですよね…

東中野 大盛軒の鉄板麺。おすすめです。

・五十番神楽坂本店 ジュワーッ!溢れ出す肉汁!迫り来る肉!全てを包み込む皮!

・高田馬場「レッドロック」のローストビーフ丼!肉の断崖絶壁は心して登れ!ランチは大行列必死!

・小陽生煎饅頭屋 町田 | 極上の肉汁が噴き出す焼き小籠包 火傷してでも食べる価値あり!

人気の東京グルメ本

お店の詳細情報はこちら

店名:大盛軒 (オオモリケン)
住所:東京都中野区東中野1-51-1 村上ビル 1F

交通:JR中央線【東中野駅】東口 徒歩20秒
都営地下鉄大江戸線【東中野駅】徒歩5分
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休(年末年始 お盆時期は休業)
TEL:03-3371-5743(予約不可)
席数:38席 (カウンター/テーブル)
駐車場:無(徒歩1分以内にコイン・パーキングあり)
カード:不可

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする