不真面目/真面目が1/1=1になるように

小さな南極 今年の家庭用かき氷はこれで決まりだ!  池永鉄工 SI-2C

slooProImg_20140805222923.jpg

やっぱり業務用仕様は違いました。

先日の記事で書きましたが小さな南極(池永鉄工)を買いました。このかき氷機は業務用仕様でありながら、家庭用に発売されているもの。
ちいさな南極 SI-2C SWANSwan

やっぱり業務用仕様は違いました。もう、風格、使い心地が別次元です。今回は開封の儀から、実際に使ってみた感想を軽く書いていきます!

広告

いざ開封!!

恒例の開封の儀にいってみたいとおもいます。

さすが業務用仕様だけあって、段ボールの箱に梱包されています。

逆さま厳禁の文字が。ちいさな南極はかなり重量があります。その重さ約8.5kg!。逆さまにするとハンドル部分などが壊れる可能性が。宅配のお兄さんもハァハァいいながら、汗だくで運んできました。

中身のチェック。まずは専用の製氷カップ。2個ついてきます。製氷カップだけの別売りもあります。青いトレーはかき氷機の下に敷くもの。

かき氷機のハンドル。送られて来た時は外れています。自分で取付けるのはハンドルだけ。ハンドルも簡単につくので、組立は容易です。

本体。ん〜やっぱり本格的なかき氷機だと趣がありますね。安物と違います!

ハンドルを取り付けた姿。

スワンのロゴをアップ。少し塗り方が雑な気もしますが、逆に雰囲気があります。

側面。大きな「氷」の文字が。

氷を固定する部分。釘が出ていて、氷をガッチリつかんでくれそう。

一番重要な部分。氷を削る刃。丈夫な厚い刃。サクサクと氷が削れそう。刃は取替え可能なので、切れ味が悪くなったら交換を(個人で使う分にはそこまで損耗しないとおもうけど)

広告

驚くことにこんなに本格的な作りなのに、家庭用の機種なんですよ!いや〜かき氷機なんて実際に触る機会がありませんが、業務用だともっとすごいんですね。すごい!

使ってみた!

さっそく使ってみました。キッチンに設置。大きいからキッチンに置いても場所をとります。ちょっと置きっ放しにするのは難しいですね。

氷をセット。やっぱり立派な釘がついていたので、氷のホールド感が半端ないです!

ハンドルも大きく、全然力を入れなくても簡単に削れます!昔、手回しのかき氷機を使ったことがありますが、全然違います!氷が嘘みたいにサクサクと!

かき氷一杯が嘘のような短時間でできてしまいました!

我思う故に我あり

いや〜こんなに立派な品が届くとは思っていなかったので、テンション上がりまくりでした。

氷がサクサクと切れて。キレのいい包丁を買った時くらいテンションMAXでした。これで大根とは回したらどうなるんだろう。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする