不真面目/真面目が1/1=1になるように

乾物を勉強しよう! その1 乾物関係の本を買ってみた

P1040183.JPG

乾物のことを勉強してみようということで、何冊か本を買ってみました。
P1040183

広告


奥薗流・いいことずくめの乾物料理

写真 1

まずはこちら。奥薗流・いいことずくめの乾物料理です。

先月「まごわやさしい」を勉強する時に同じく奥薗さんの奥薗流・まごわやさしい健康料理を買いました。本が大判なので写真も見やすく、パ〜っと開いて流し読みをよくしました。写真が綺麗なので、流し読みすると料理のアイデアが閃きます。

書かれているレシピ通りに作るのが苦手なもので、レシピまでは再現しないこともありますがσ(^_^;)

また、取り上げる食材を絞り、その分一つあたりの食材に多彩なレシピが紹介されているのもいいですね。一つ食材に対して狭く、深く学べます。この本でも切り干し大根、ひじき、麩、高野豆腐、大豆、小豆、干し椎茸、昆布に絞ってレシピを紹介しています。

まごわやさしいの方と合わせて買っておくと料理がはかどるかと思います。

もっと使える乾物の本

写真 4

次に紹介するのはもっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170です。こちらも奥薗さんの本です。先ほど紹介した本よりも古いものになります。約15年ほど前の本。

古い本だけあって見た目や中身は地味ですが、読んでいて面白い!単なるレシピ本ではありません。

さっき紹介して本に比べてマニアックな食材も紹介され、奥薗さんが一つ一つの乾物に対しての思いを語っています。また、乾物をどうやったら手間を省いて効率よく料理できるかに重点を置いて、主婦目線で書かれています。

書かれている言葉も口語調なので、固くならずに読めます。奥薗さんって本当料理が好きなんだろうなと思えてきます。そのうち会ってみたいなと。読んでいるうちに乾物を買いに行きたくなる本てす。

もどさずできる乾物料理

写真 2

本日最後に紹介するのはもどさずできる乾物料理です。

この本はまた読んでいないんですが、おなじく庄司いずみさんがだしている野菜のいちばんおいしい食べかたはとてもいいレシピが載っていたのでかなり期待しています。

庄司さんはベジタリアンでいかに野菜を美味しく食べるかに全力をかけています。だから、野菜料理のレシピは本当秀逸です。野菜のいちばんおいしい食べかたは野菜好きには是非とも読んでもらいたい。

広告

我思う故に我あり

乾物っていままで意識してなかったけど本当奥が深いなと。ちょっと恥ずかしいのが通勤時の読書。満員電車の中で乾物の本を読んでるサラリーマンがいたら十中八九僕です。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする