不真面目/真面目が1/1=1になるように

乾物のある生活 ついに最終講義!最後まで乾物の素晴らしさを味わった! 第5回講義レポート #自由大学

slooProImg_20140705184139.jpg

自由大学で開講されている乾物のある生活の五日目(最終日)の講義を受けてきました!
乾物のある生活 うお!乾物の世界が面白すぎる!第1回講義レポート

乾物のある生活 乾物野菜のすごいレシピを教えてもらった! 第2回講義レポート

乾物のある生活 豆が簡単で旨すぎてヤバい!発芽豆最高! 第3回講義レポート

乾物のある生活 米粉が便利すぎてやばい!もう小麦粉も片栗粉もいらない 第4回講義レポート

最終回の講義テーマは「海産乾物の世界を深めよう」

テキストの講義内容はこちらなんですが、今回はイレギュラーにゲスト講義などがあったので、僕のメモにそって紹介します。
・五感を使う
・UMAMI
・ちょっと復習
・海産乾物ちょこっと使い
・言葉を使おう
・卒業試験?

広告

五感を使う

五感を使おうということで今回は味覚です。コッブに入って3つの出汁を味わいながら、なんの出汁かをあてます。味覚には結構自信があったつもりでしたが、結構当たらないものですね。1つしかわかりませんでした。
P1040940

昆布革命!!!!

今回の受講生の中に昆布会社の社長さんが参加していました。それが喜多條清光さん。海鮮乾物の講義ということで、今回は特別喜多條さんから昆布の素晴らしさを伝えて頂きました。

こちらが喜多條さん。説明用に羅臼昆布を模した小道具を持参。下の写真では海底で昆布が漂っている様子を説明中。
P1040944

P1040946

喜多條さんの説明では近年昆布の出荷量が減っているそうです。昆布の出荷量が減っている原因としては下記が考えられると。
・出汁をとるのがむずかしい
・和食を作らなくなった
・出汁をとったあとの昆布がもったいない

この状況を打破するために喜多條さんが開発した製品が昆布革命。この昆布革命は昆布を1mm幅に刻んで販売しています。この工夫により昆布の使い方が劇的変わります!
昆布革命 株式会社 天満大阪昆布 | オンラインストア

出汁が簡単にとれる!!

昆布から出汁をとろうとすると沸騰しないように温度管理をしながら、一定時間煮る必要があります。喜多條さんの話では60度で40分以上がベストだそうです。普通の家庭ではこんなことはっきりいって無理です。マジ無理です。みそ汁を作るのに40分以上かけてたら日々の料理が面倒になってしまいます。

しかし、この昆布革命はそんな温度管理などが不要なんです!なんと出汁をとるのに沸騰させる必要がないのです!

使い方としては水1Lに対して10gの昆布革命を入れて、冷蔵庫で3時間寝かせるだけ。昆布の出汁は表明からではなく、断面からでます。細かく1mmの短冊状にすることで効率的に出汁が出てきます。

広告

昆布水なら洋食にも合う!

昆布革命は沸騰させる必要がないので、昆布特有の臭みが抑えられます。旨味成分だけか出てくるので、和食だけでなく洋食へアレンジの幅が広がります。喜多條さんはレシピ本も出版していて、こちらに色々なレシピが掲載されています。

出汁をとった後も二度楽しめる!

昆布革命は出汁をとった後も楽しめます。1ミリ幅に切ってあるので、出汁をとったあとに包丁などて切る必要がありません。

また、沸騰させてないので臭みがなく、そのまま醤油などで味付けしても立派なオカズになります。僕はまだためしていませんが、オリーブオイル漬けなども美味しいそうです。

喜多條さん出演の動画もあったので、興味があるかたは是非。出汁をとるために使うポットも速攻で注文してしまいました。これで毎日簡単に昆布出汁が楽しめます。

本日の乾物料理

まずは彩り鮮やかなご飯。こちらは最初の味覚クイズで使用した出汁でご飯を炊き、海苔、干し菊、ピンクペッパーを散らしたもの。出汁でご飯に旨味がつき,海苔で風味がプラス。黄色とピンクが目を楽しませてくれます。
P1040961

プゴとセロリのマリネ。プゴは韓国のスケソウダラの乾物です。
P1040966

海苔ドレッシングのサラダ。海苔がドレッシングになるとは驚き。サラダの具はもちろん乾物。山クラゲと大根。
P1040968

すきみ鱈とジャガイモのギリシャ風。このスープがかなり人気でした。二日酔いの日に飲みたくなるような優しい味です。
P1040982

デザートはドライフルーツの八角風味寒天。寒天は天草などの海藻から作られます。八角を入れることでいい感じに優しい甘味がでています。八角なんて豚の角煮に入れるくらいしか思いつきませんでした。
P1040985

卒業制作

卒業制作ということで机上の上ですが乾物を使用したレシピ開発を。今まで習った乾物を使用して旨味、食感、色、香りをどう出していくかアイデアを出し合いました。うちの班が考えたのが米粉と片栗粉で麺を作り、昆布と干海老で旨味。山クラゲの酢漬けなどて色合いをだした冷麺。

せっかくなので今度自作してみようかと思います。

我思う故に我あり

約一ヶ月間、5回わたったセミナーが無事に終了しました。最後には卒業証書ももらえました!\(^o^)/

5回のセミナーは乾物に対する見方が180度くらい変わる内容でした。乾物の奥深さ、簡単さ、美味しさ。そんなことを思う存分楽しめる素晴らしいセミナーでした。

また次回も開催されるかと思うので、興味のある方は是非とも参加してみてください。

次回開催の問い合わせフォームはこちらです!
次回開催のお知らせ希望フォームFREEDOM UNIVERSITY | 自由大学

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする