不真面目/真面目が1/1=1になるように

新幹線の切符を紛失してもあきらめないで!払い戻しされる可能性あり

新幹線の切符を紛失してしまいました…

先日の大阪出張。生まれて初めて切符をなくしてしまいました。

カバンの中も、ポケットの中も探したけれど見つからない。どこを探してもない。

東京から新大阪までの約13,000円。痛い、あまりにも痛すぎる出費。

しかし、切符をなくしたからといって、簡単にあきらめてはいけいません。

払い戻しされる可能性があるんです。

広告

クレジットカードの領収書で払い戻しの可能性あり!

指定席・グリーン車の切符をクレジットカードで払っていたら、後日払い戻しされる可能性があります。

切符を失くしたらどうすればいいのか。

一番最初に思いついたのはクレジットカードの領収書。新幹線の切符は高額なので、ほとんどの場合現金ではなく、クレジットカードで購入します。

この領収書を見せれば買ったことの証明になる。これをもっていけば万事解決。

僕は意気揚々と窓口に行きました。

JR東海のHPを見ると下記のように書かれています。

お客様が東海道・山陽新幹線(東京~博多間)発着の指定席(グリーン席を含みます)をクレジットカードで購入され、東海道・山陽新幹線をご利用中(新幹線駅改札内・列車内)に紛失された場合は、当社窓口にお申し出いただき、当社指定の方法によりご申告いただければ、当社が可能な範囲で、紛失されたきっぷの使用状況を確認いたします。

結果からいうと払い戻しはしてもらえませんでした。残念なことに僕が購入したのは自由席だったのです。

自由席はクレジットカードの領収書があっても、払い戻しの対象にならないんです。

オーマイゴッド。なんで俺は指定席にしなかったんだ…

1年以内に見つかれば払い戻しの可能性あり!

新幹線 切符 なくした
自由席を紛失したら絶望しかまってないのか。実はまだ一発逆転のチャンスが残っているんです!

駅の切符売り場・列車の係員さんに切符を失くしたことを伝え、紛失再発行用の切符を購入。

後日、切符が見つかれば払い戻しをうけることができるんです。

ただし、何点か注意点があります。

紛失した切符と同じ区間を買う

紛失再発行用の切符は、紛失した切符と同じ区間を買う必要があります。

例えば、東京から新大阪までの切符を紛失した場合、紛失再発行用の切符も東京から新大阪間で購入しなくてはいけません。

車内で失くした場合、近いからといって京都から新大阪の切符を購入しても無効となります。

紛失した切符と同じ区間を買う必要があるんです。痛い出費となりますが、我慢するしかありません。

広告

降車する駅の改札でハンコをもらう

新幹線 切符 なくした
紛失再発行用の切符は払い戻し時に必要となるので、持ちかえる必要があります。駅の自動改札を通すわけにはいきません。

そのため、新幹線から在来線に乗りかえるとき、駅の改札を出るときは駅員さんに紛失再発行用の切符であることを伝えなくてはいけません。

紛失再発行用の切符である旨を伝えれば、駅員さんが切符にハンコを押してくれます。これで無事に切符を持ちかえることができます。

1年以内に失くした切符を見つける

新幹線 切符 なくした
紛失再発行用の切符だけでは払い戻しはされません。紛失した切符を1年以内に見つけ、紛失再発行用の切符と一緒に提出する必要があります。

読んでいた本の間。財布の中。靴下の中。胸ポケット。筆箱の中。思わぬ場所にしまって、失くしたと勘違いしていることがよくあります。

落ち着いたときに探してみましょう。期限は1年間ということだけご注意ください。

我思う故に我あり

色々探してみたんですが、結局切符は出てきませんでした。(笑)まあ、しょうがない。今度からクレジットカードで指定席を購入することにします。

みなさんも切符を失くしたときはショックだと思います。慌てないでまずは駅員さんに相談してみましょう。払い戻しのチャンスがあるので、そこに希望をかけましょう!

物忘れがひどいならこちらをどうぞ

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする