不真面目/真面目が1/1=1になるように

簡単まぜるだけ! パンに合う手作り胡麻ペースト

slooProImg_20140612105337.jpg

練りごまを使った簡単なペーストです。簡単な割に美味しくて、パンにも合います。胡麻の栄養もとれるので、練りごまをもってる方は是非とも試してみてください。

材料

・練りごま(黒、白どちらでも)
・ハチミツ(メープルシロップや砂糖でもいいです)

作り方

胡麻ペーストとハチミツを同量ずつ混ぜます。写真は大さじ一杯で混ぜてます。子供のおやつにするならハチミツの量を多目にしてみましょう。

完成です!\(^o^)/
これだけじゃつまらないので、トーストに塗ってみましょう。

焼いたパンにバターを塗ります。

その上から作った胡麻ペーストをたっぷりと!何枚か作る場合は、先に全てのパンにバターを塗ってしまいましょう。こうすれば、バターの容器に胡麻ペーストが入りません。

完成です!

応用

今回はトーストに塗るためにハチミツを使いましたが、三温糖などを使ってもっと和風に仕上げてみても。

お餅や白玉にかけてあげれば、立派な和菓子になります。

我思う故に我あり

パンに塗る胡麻ペーストは市販されていると思うんですが、自分で作ることで次の利点が。

・糖分のコントロールができる
・不要な保存料などをとらなくてすむ
・無駄なスペースをとらなくてすむ

・糖質のコントロールができる
市販のものを買うと、過度に精製された糖分を使っている可能性があります。精製された糖分ほど、血糖値の上昇が激しくなります。

自作することで、どんな糖質を使うか自ら選ぶことができます。

・不要な保存料などをとらなくてすむ
市販の胡麻ペーストを買うと、保存料なとが使われている可能性があります。

広告

一方、練りごまもハチミツも保存料などは使われていないものがほとんどです。自作することで不要な保存料などを摂取しないですみます。

・無駄なスペースをとらなくてすむ
市販の合わせ調味料を多くもってると、結構スペースをとられます。

基本の調味料から自作することで、無駄なスペースを確保する必要がなくなります。

我思う故に我あり

黒胡麻ペーストを塗ったトーストは抹茶のお茶うけにも\(^o^)/

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする