不真面目/真面目が1/1=1になるように

【辞表を出すか迷っているみなさんへ】一番大事にするべき人は誰なのか考えてみてください

alone-513525_640.jpg

「会社を辞めようか迷っています」

僕は今年の9月で会社を辞めました。

周りの人から「なんで辞めたの?」や「実は、オレも会社を辞めようか迷ってるんだよね」なんて質問や相談を受けます。

みんな興味があるし、同じように悩んでいる人が多いんですよね。

会社を辞めるっていうのは人生では大きな出来事で、僕も辞める前にはいろいろ考えました。

というこで、今回は会社を辞めようか悩んでいる人に向けて、ちょっと背中を一押しする気持ちで書いてみました。

広告


一番大事な人のために生きよう

最初に言いたいのは、「一番大事な人のために生きよう」ということです。

当たり前のことですが、人生は一度しかありません。いつ終わるかわからないし、時間が過ぎるのはとっても速いです。過去に戻ってやり直すこともできません。

そんな大事な人生は、あなたが一番大事にするべき人のために使いましょう。

一番大事な人って「家族」でも「お客さん」でもないですよ

表彰台

あなたの一番大事な人は誰ですか?誰のために生きる人生が一番幸せですか?

「家族」ですか?

「恋人」ですか?

「お客さん」って答える人もいるかもしれませんね。

もしかしたら、「会社」って答える人もいますかね?

いろいろな考え方があるとは思いますが、一番大事にしなきゃいけないのは「自分」です。

広告

ぶっちぎり第一位で「自分」です。

自分を幸せにしてくれるのは自分だけです。他人任せにしていても、幸せにしてくれる保証はありません。

自分の人生は、一番大事な「自分」のために使いましょう。

「あなたのために働いている」と言われても重いだけです

「俺は家族のために自分の人生を犠牲にして働く!」

とか

「お客さんのために、自分と家族を犠牲にしてでも仕事をする!」

なんてセリフはとっても立派で聞こえはいいですが、ほとんど言った本人の自己満足です。

正直、言われた方としては「そんなことを言われても、めっちゃ重いだけなんだけど……」って、ひいてしまいます。

こういう人にかぎって被害者意識が強く、「なんでこんなに頑張っているのに、家族は俺を受け入れてくれないんだ」とか、「お客は全然わかってない!」って言うんです。

会社を辞めない理由を「他人」に押し付けるのはかわいそうですよ。押し付けられた方はたまったもんじゃありません。

優先順位から外れた生き方は苦しくなりますよ

苦しんでいる

何事にも優先順位があると思うんですよ。僕が考える優先順位は、次のようになります。

僕の優先順位: 自分 ≧ 家族・恋人 ≧ お客さん ≧ 会社

みなさんと比べていかがでしょうか?だいたい同じような順番なんじゃないかなと思います。

でも、油断すると優先順位から外れた人生を送りがちです。そんでもって、優先順位と違う人生を生きようとすると苦しくなります。

「会社」の命令を優先して、「お客さん」に嘘をついたり、「お客さん」を優先して、「家族」をないがしろにしたり、「家族」を優先して「自分」は我慢したり。

よくある、よくある。そんでもって、ぜんぜん幸せを感じませんよね。

「あと数ヶ月しか生きられないとしたら、どんな優先順位で残りの人生を決めますか?」

この問いの答えが、あなたが大事にするべき優先順位ですよ。この優先順位通りに生きていれば苦しくならないですよ。

「自分の幸せ」=「他人の幸せ」になると最高ですよ

みんな幸せ

一番大事にするべきなのは「自分」ですが、「他人」をないがしろにしていいというわけではないです。

むしろ、「自分の幸せ」=「他人の幸せ」になると最高です。

僕の幸せがあなたの幸せ。あなたの幸せが僕の幸せ。

この状態がベスト。でも、そのためにはまず自分が幸せになるしかありません。

他人の幸せばかり考えていて、自分の幸せを後回しにしていると、そのうち人生が終わっちゃいますよ。

我思う故に我あり

僕が会社を辞めた理由のひとつに、ベトナムに住む彼女との時間を大切にしたいという思いがありました。

彼女の幸せだけを考えると、僕がベトナムに移住して現地で働くのが理想的です。

ただ、それだと僕か不満なんです。ベトナムは好きですが、日本はもっと好きです。僕は日本を拠点にしながら、たまにベトナムに行きたいんです。

自分の幸せを無視してベトナムに移住しても、最終的には上手くいかないと思うんですよね。

会社を辞めて2ヶ月ほどですが、毎日好きなことをやっていて楽しいですよ。

辞めたときの詳しい経緯は別記事にも書いているので、よかったら見てみてください。

ちなみに退職願はアマゾンで簡単に購入することができます。とりあえず購入して、書いてみると踏ん切りがつきますよ。

こちらの記事もどうぞ

・11年間転職しなかった理由を考えたら、だめんずにハマる女性の言い分と一緒で驚愕した

・【「会社を辞めたいと」と旦那さんに告白された】惚れ直させるチャンスですよ

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする