不真面目/真面目が1/1=1になるように

パフェの神様が微笑んだ1日でした。神様が僕にパフェを食べろと後押ししてくれてます

今週末はセミナーで名古屋にきています。

スポンサーリンク

パフェ神様が僕にパフェを食べろと言っています

セミナーの昼休み。休憩時間は1時間。

調べてみたら会場の近くにパフェを食べられるお店がありました。

お昼のお弁当を食べて、残り時間は30分。

パフェを食べに行けるか、行けないか微妙なライン。

人気店なら並んでる間に休憩時間が終わります。

しかし、

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

安西先生の言葉が僕を後押しします。

弁当でパンパンのお腹をかばいながら、小走りにお店にむかいました。

僕は最後までパフェをあきらめません。

お店に着くと、待ちは1組だけ。

イケる。これならイケる。

最後まであきらめません。パフェをたべるまでは。

時間ギリギリに滑り込み、速攻で注文。

僕の緊迫感を察知して、店員さんも迅速に動きます。

カチャ。注文後2分でパフェが。素晴らしいパフェが出てきました。

トレビアーン。

僕が食べ終わったあと、店を出ると大行列。これにつかまってたらアウトでした。

僕は実感しました。

「ああ、ぼくはパフェ神様に愛されている」と。

我思う故に我あり

これからも皆様に素晴らしいパフェの情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!
役立つ情報をお届けします!

Twitter で

スポンサーリンク

プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5