不真面目/真面目が1/1=1になるように

ベトナムの観光避暑地ダラット 彼女が行きたいと言っているから調べてみた!

日本への帰国予定日まであと一ヶ月くらい。まだ、日程は決まっていないので毎日のように彼女から「いついなくなっちゃうの?」というメールが届きます。

そんな彼女が僕が帰国するまでに一回くらい旅行に行きたいと。そして、行きたい場所はダラット。僕としてはゆっくり海を楽しめるニャチャンなどを提案してみたのですが、どうしてもダラットがいいとのこと。

今日は彼女がそこまでこだわるのでダラットに関して調べてみました。

スポンサーリンク

ダラットってどんなところ?

以下はWikipediaからの引用。

ダーラットあるいはダラット(ベトナム語: Đà Lạt、Dalat)は、ベトナム中南部の都市でラムドン省の省都。中部高原に位置する観光都市で、フランス植民地時代に避暑地として開発された。

標高1475メートルの街はダーラット湖沿いに開けている。2009年の人口は約20万人。冷涼な気候を利用した野菜生産も盛んである。

現在はベトナム人カップルの新婚旅行先として人気がある。市内ではよく二人乗り自転車のタンデムに乗ったカップルを見かける。

どうやっていくの?

長距離バス

ホーチミンからダラットには長距離バスでいくことができます。移動時間は7時間ほど。ベトナムのバスなので乗り心地はあまり期待出来そうにありません。また、車内では盗難などの危険があるため、注意が必要。初のベトナムで一人旅とかだとちょっと不安です。
ホーチミンから長距離バスに乗ってみよう! | ベトナムナビ

飛行機

ホーチミンからダラットへの飛行機もあります。飛行時間は約1時間。1日3便ほどでているようです。空港からダラット市内まては車で約40分。バスのより金額が高くなってしまいますが、移動時間と快適性を考えると飛行機で行きたいな・・・
ベトナム航空でホーチミンからダラットへ予約した手順

ホーチミンからダラットへの飛行機の手配はベトナム航空で。
Vietnam Airlines: Bringing Vietnamese Culture to the World

ダラットってどんな観光地がある?

ダラットにはどんな観光地があるのかも調べてみました。

バオ・ダイの夏の離宮

ベトナム最後のグエン王朝(1802〜1945年)。グエン王朝最後皇帝のバオダイ皇帝が使用した離宮。(夏の避暑地みたいな位置づけのようです)。フランスのデザインが色濃く出ている建設物になっています。昔の皇帝はこんな場所を避暑地にしていたんだと思いをはせるのもいかもしれませんね。
べトナム ホーチミン 情報 日常生活 バオダイ宮殿

霊福寺(リンフオック寺)

ベトナムの寺院は結構派手なデザインのものが多いです。色が奇抜だったり、装飾が凝っていたり。そんなベトナムの中でも霊福寺は装飾がとても派手。寺マニアの人は行ってみる価値ありかと。
霊福寺[リンフオック寺] | ベトナムナビ

竹林禅院

こちらも寺院。竹林禅院にはダラットの中心部から南にいきケーブルカーに乗っていくようです。乗車時間は20分ほど。ケーブルカーに乗ればダラットの自然を360度満喫しながら移動できるので是非とも乗りたい。前にダナンでケーブルカーに乗ったときは最高にエキサイティングな時間をすごせました。

ケーブルカーで行く竹林禅院とトゥイェンラム湖 | ベトナムナビ

ダラット駅

ダラット駅。昔は南北をつなぐ長距離電車が通っていたそうです。現在は観光用としてダラット郊外のチャイマット村との一駅間だけ運行。チャイマット村との運行はSL車。なかなか乗ることはできないでしょうから、鉄道好きにはたまらなそうですね。

ダラット駅 | ベトナムナビ
観光用としてダラット郊外のチャイマット村と …

クレイジー・ハウス

その名の通り狂ったようなデザインの家。ロシアで建築を学んだダン・ヴィエト・ガーのデザイン。全然避暑地には馴染まなそうですが、これだけ奇妙な家ならくらい見てみたい。また、宿泊も可能なので、数日間ダラットに泊まるようなら一泊くらいしてみもいいかも。
[V]本当にクレイジー!ダラットにある「クレイジーハウス」ってどんなところ? | オススメ | ベトナム生活・観光情報ナビ[ベトナビ]

ダラット市場

ダラット市の中心街にある市場。ダラットはホーチミンのようにコンビニ、ショッピングセンターはないため市場での買い物が主流となるようです。ベトナム旅行の際には是非とも市場は外せません。お土産を買うだけでなく、現地のローカルフードを堪能することができます。朝食は市場で食べるとかオススメですよ!
ダラット市場 | ベトナムナビ

我思う故に我あり

調べてみると日本の避暑地を大きくしたような感じですね。軽井沢とかが近いの雰囲気なのかな?海もいいですが、暑いベトナムではこういった避暑地が楽しめそう。是非ともダラット旅行を実現させたいです。

ベトナム観光のためのガイドブック

この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!
「ベトナム旅行」のお役立ち情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5