不真面目/真面目が1/1=1になるように

旬の食材を食べるということ せっかく料理するな旬の食材を意識しまくってみることにした

R0326054
今日は旬の食材に関して書きます。

みなさん旬の食材って意識していますか?僕は料理をするのが好きなんですが,あまり旬の食材を意識せずに料理しています。

毎日の弁当もあるので、ある程度決まった料理を作ることが多いんです。まあ、買い物に行ったときに目に付けば旬のものを買いますが、それ以外は使い慣れた食材を買ってしまいます。

しかし、最近これでは良くないなと思うようになりました。

広告

トマトがいつでも手に入るのは便利だけど、なんだかおかしいよね

例えばトマト。夏の野菜ですが、ハウス栽培が可能。いつでもスーバーで手に入ります。

美味しい時期は夏だとわかっていても、「トマトは体にいい」って考えで冬でも買うことが多いです。

でも実際に体にいいのでしょうか。どう考えたって旬の食材を食べた方が体には良さそう。そうすると冬の時期に食べるべきはトマトではなく、大根やゴボウなどの根菜類になります。

あまりにも旬に無頓着にだと長期的に見て健康にもよくないのではと思ってしまいます。

何より食材は美味しい時期に使いたい。

わざわざ旬じゃないものに手を加えるよりも、旬の食材を料理することを楽しみたい。

そんな風に考えるようになりました。

人間の感覚なんてあてにならないから、先取りして調べていこう

とはいえ、旬の食材が何なのかなんて意外と知らないものです。大体この時期だろうなとは記憶していますが、その記憶だって確かなものかはわかりません。

買い物に行ったときに,売り場を見ながら「あ〜そういえば今の時期はこれが旬か」。こんな風に感じることもできますが、何だか情報に対して受け身な姿勢だなと。

それよりも買い物に行く前から「この時期はあれと、これが旬だから,こういう風に料理しよう」。そんな感じで考えらたら有意義な買い物を楽しめんじゃないかと。

ということで、今後の予定としては

  • 月末に次の月の旬の食材を把握
  • 旬の食材に沿ったレシピを揃える
  • データベース化する

なんてことがしたいなと。幸せなことにブログに書いて残してけおけば、来年自分が見ても役に立つ。

我思う故に我あり

ちょっと大変そうだけど、どっちにしろ料理するんだし。せっかくなら楽しんでやってみようかと思います。

冒頭の写真は本日試しに大根を一本使い切った料理。一時間半で5品。常備菜としても悪くない。

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする