不真面目/真面目が1/1=1になるように

旬の野菜 白菜 | 白菜の旬は2月まで!重ね煮してたっぷり食べるぞ!

本日は旬の食材である白菜を重ね煮します。

白菜の旬は11月から2頃まで。これ以外の時期でも買うことはできますが、味や栄養価を考えると旬のうちに食べたい!

白菜というと思いつくのは鍋の具材。しかし、いつも鍋ばかりだと飽きちゃいますよね。

ということで今回紹介するのは重ね煮。重ね煮すれば簡単に、大量に食べやすく、常備菜にもなりますよ!

広告

今回参考にしたのはこちらのレシピ本

今回はふたつのレシピ本を参考にしました。

まずひとつ目はこちら。農家の方が書いたレシピ本で、野菜を美味しく食べる方法が書かれています。簡単な料理が多く、野菜の味を楽しめるレシピが多いので気に入ってます。

もうひとつはこちら。重ね煮のレシピが載っている本。愛用しているのストウブでつくれる重ね煮レシピ。基本的には野菜を重ねて蒸し煮するだけなので、こちらも簡単。

調味料と重ねて煮るだけ!

今回用意した白菜。一個丸ごとの方が味も栄養価も高いんですが、量が多いので今回は1/4カット。
白菜 重ね煮 1/4

芯の部分はちゃんと斜めにそぎ切りにします。こうすると厚い部分がなくなり、火がとおりやすくなります。
白菜 重ね煮 そぎ切り

葉の部分と芯の部分を分けながらカット。このまま鍋の具材にしてもいいくらい。でも、今日は鍋じゃないですよ。
白菜 重ね煮 カット

ここでストウブ登場。ピコ・ココットオーバルの23cm。重ね煮をやるなら、大き目の鍋がおすすめです。
白菜 重ね煮 ストウブ

広告

味付けはオイスターソース、醤油、胡椒。この味付けは先ほど紹介したFarmer’s KEIKO 農家の台所 (生活シリーズ)から。実際のレシピではここにツナ缶を加え、白菜と煮込んで最後に片栗粉でとろみをつけます。今回はツナ缶がなかったので、味付けのみを採用!
白菜 重ね煮 調味料

芯の方から鍋底に敷いていきます。その上から調味料を少々。重ね煮をするときは材料と調味料を交互に重ねていくのがコツ。こうすると味が全体に馴染みやすくなります。
白菜 重ね煮

さらに材料を加えて調味料。
白菜 重ね煮

最後に柔らかい部分を重ねて終了。ざっくり重ねたせいか鍋いっぱいになってしまいました。白菜で重ね煮する場合は、鍋の大きさに注意ですね。
白菜 重ね煮

蓋をして弱火で15分ほど煮込んだあと。白菜から水分が出て、かさがかなり減ります。
旬 白菜 重ね煮

ほら。白菜からこんなに水分が出てくるんです。白菜から出た水分なので、旨味もたっぷり。
旬 白菜 重ね煮

満遍なく味付けできるように、ざっくりとまぜます。
旬 白菜 重ね煮

動物性の旨味が足りなかったでバターを足してみます。本当はツナ缶を入れるレシピですからね。
旬 白菜 重ね煮

バターが溶けて、味がからまったところで完成。すき焼きの中に入っている白菜ような味わい。バターをいれたおかげでコクがでて、白菜の甘味ともあってます。旬の白菜は、重ね煮するだけでかなりの甘味が出てきます。
旬 白菜 重ね煮

重ね煮のいいところは常備菜にもなるし、この後のアレンジも簡単なとこ。今回作った重ね煮にも卵を加えたり、ご飯にかけたりとアレンジできます。

我思う故に我あり

やっぱり旬の野菜は、薄味にしても美味しいですね。白菜からの甘味だけでかなり美味しい。

「旬の野菜だ!」っていうプラシーボ効果もあふのかな?(笑)

白菜が旬のうちに、ぜひ重ね煮を試してみてください。エノキダケやレンコンなど他の旬の野菜と重ね煮しても美味しいと思います!

ストウブなら重ね煮もできますよ

旬の野菜が気になる方はこちらもどうぞ

・旬の食材を食べよう!冬の大根を一本使い倒して常備菜をつくってみた
・が旬の食材 野菜編 | やっぱりこの季節は鍋に合いそうな食材が多い!

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする