不真面目/真面目が1/1=1になるように

文東記 バレスティア・ロード本店 〜 広東式シンガポールチキンライスの有名店はつるんとした食感が最高【2016年9月シンガポール旅行記】

R0345091-2.jpg

本日はシンガポールの文東記(Boon Tong Kee)バレスティア・ロード本店を紹介します。

この日は午後からシンガポール動物園を満喫、シンガポール市内に帰ってきたのは夜の22時頃でした。

シンガポール動物園ではほとんど食事をしていなかったので、お腹がペコペコ。

せっかくだからシンガポールらしい夜食が食べたいと思い、向かったのが今回紹介する文東記です。

広東式のシンガポールチキンライスは夜食にもぴったりでした!

広告


つるんとした食感の広東式チキンライスが食べられる

文東記は広東式のチキンライスが食べられるお店です。

シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、お店によってチキンの調理方法に特色があります。

広東風チキンライスの特徴は、つるんとした食感です。

広東式は鶏をゆでたあと、冷水につけて急激に冷やします。急冷によって皮の下のゼラチン質が固まり、ゼリー状になります。このゼリー状のゼラチン質がつるんとした食感を生み出すんです。

文東記の外観

やってきました文東記。訪れたのは22時過ぎですが、まだまだお店はにぎわっていました。お店は夜中の4時までやっています。赤と黄色のライトは中国っぽい色の使い方だなと思いました。
文東記の外観

文東記の店内

文東記の店内。半分くらいの席が埋まっています。ディナータイムはもっと混み合うみたいなので、予約してから行くのがよいでしょう。
文東記の店内

文東記のお手拭き。有料(0.3シンガポールドル)です。不要なら使わないでおいて、会計時にしっかりとレシートを確認しましょう。
文東記の紙ナプキン

席につくとお通しみたいな料理を食べるか確認されました。僕らはいらなかったので断りました。多分、有料だと思います。いらないならちゃんと断りましょう。

文東記のメニュー

すべてではないですが、メニューには写真が載っています。英語が苦手でも写真を指差しながら注文できます。
文東記のメニュー

までずはチキンライス注文しなくちゃ! 文東記のチキンライスは「チキン」と「ライス」を別々に注文します。

チキン(Boiled Chicken)は1人前用、2人前用、3〜4人前用、6〜7人前用の4種類。人数に合わせて調整可能です。だいたい1人前で5シンガポールドルくらいになります。
文東記のチキン

広告

ライスは白米(Plain Rice)と鶏飯(Chicken Rice)の二種類。どちらも料金は0.6シンガポールドルなので、鶏の出汁で炊いた鶏飯がオススメです。
文東記のライスメニュー

鶏以外にも豆腐を使った料理が豊富です。チキンライスだけだと少し物足りない量なので、他の料理も一品くらい注文するといいでしょう。
文東記の豆腐料理メニュー

野菜炒めもオススメです。旅行先だと野菜を食べる機会が少なくなりますからね。
文東記の炒め物メニュー

文東記のシンガポールチキンライス

やってきました、文東記のシンガポールチキンライス!
文東記のチキンライス

チキンの表面についたゼラチンがキラキラと輝いています。写真は2人前です。
文東記の茹でチキン

鶏飯。ほんのりと鶏の味がついていて、このままでも食べられます。
文東記の鶏飯

チキンは柔らかいんですが歯応えもあります。表面のゼラチンのつるんとした食感は口当たりよく、パクパクと食べられます。鶏肉はしっかりと肉厚があり,なかなか食べ応えがありました。甘味のあるチリソースつけて食べると、違った味わいが楽しめます。

チキン単品でも美味しい。お酒が好きな人は、チキン単品をおつまみに食べるのもオススメです。

チキンライスだけじゃ足りないかなと思って注文したピータンのスープ。ちょうど良い塩加減でした。
文東記のスープ

そういえばルートビアがありました。ルートビアはお酒ではなく、ちょっと個性的な味の炭酸飲料です。ドクターペッパーに似たような味がします。日本だと沖縄くらいでしか見かけないので、飲んだことない人は試してみてください。個人的に好きな味です。
文東記のルートビア

文東記の料金

気になる料金ですが、2人で食べて約35シンガポールドル。旅行時の為替レートで3,000円ほどでした。チキンライスだけなら二人前でも15シンガポールドル以内で楽しめます。
文東記のレシート

我思う故に我あり

いや〜、広東式のチキンライス美味しかった〜。

チャターボックスのチキンも柔らかかったんですが、文東記のチキンは柔らかくてもしっかりと歯応えがあります。文東記の方が肉を食べてるって感じがしました。

文東記の広東式シンガポールチキンライス。オススメです。

お店の詳細情報はこちら

店名:文東記 バレスティア・ロード本店
住所:401 Balestier Road, Singapore,

営業時間:中心部からタクシーで15分程度
11:00〜16:45、17:30〜4:00
定休日:中国正月1日
TEL:6254-3937
カード:可能
HP:Boon_Tong_Kee_at_Balestier-Singapore

2016年9月シンガポール旅行記の目次

こちらの記事もどうぞ

・立興潮州魚圓面 〜 こだわりのローカルフード「フィッシュボール」は超プリプリ

・レッドハウス ロバートソンキー店 〜 名物チリクラブを堪能!リバーサイドのシーフードレストランは雰囲気も最高

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 〜 まるでSFの世界!近未来型植物園はシンガポールの定番観光スポット

・TWG Tea〜 シンガポール発祥の紅茶専門店!おすすめはマリーナベイサンズ ショッポングモールの運河上

・キリニー・コピティアム 〜 パリッとしたカヤトーストが旨い!シンガポールのローカルな朝食セットを堪能

・チャターボックス 〜 名物の高級チキンライスとラクサを堪能!マンダリンホテルに併設するシンガポールレストラン

・オアシア ホテル ノベナ 〜 シンガポール中心部で料金安くてキレイ!地下鉄直結で観光にも便利

・シンガポール チャンギ国際空港でSIMカード購入・設定方法〜iPhoneが繋がらなくて悪戦苦闘

・【ナイトサファリ】夜の動物園はスリル満点!楽しみ方と攻略情報まとめ

・【シンガポール動物園】まるでジャングル!楽しみ方と攻略情報まとめ

・【リバーサファリ】世界最大級の淡水生物パーク!楽しみ方と攻略情報まとめ

旅行の準備は済んでますか?

ホテルの予約

Expediaは航空券の予約特典として、ホテルを特別割引で予約できます。これがけっこうお得!全てExpediaで予約すれば、管理がらくにできるのでおすすめです。

すでに航空券を予約してるなら、ホテルの予約はagodaがおすすすめ。

シンガポール旅行におすすめの本


広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする