不真面目/真面目が1/1=1になるように

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからの帰りはハーバーフロント駅まで徒歩がオススメ【2016年9月シンガポール旅行記】

本日はユニバーサル・スタジオ・シンガポールから帰るときに、オススメのルートを紹介します。

この日は午後からユニバーサル・スタジオ・シンガポールへ行き、半日遊び尽くしました。
(以降、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールはUSSと省略します)

帰りはいろいろ悩んだ結果、ハーバーフロント駅まで歩いて帰ることにしました。

このルートがとってもオススメなんです。

広告

徒歩なら混雑無しでキレイな夕日が見られる

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからハーバーフロント駅まで、徒歩のルートをオススメするのは2つの理由があります。

ひとつ目は、モノレールの混雑に巻き込まれないんです。意外に徒歩でも時間がかかりません。

ふたつ目は、徒歩で帰るとキレイな夕日がゆっくりと見られるんです。

徒歩なら混雑無しで20分で行ける

USSで遊びつくし、軽く夕食を食べ終わると19時頃になってました。

市内に帰ろうと思い、グーグルマップでルートを検索。

速くて楽なルートは、ウォーターフロントステーション(WaterFront Station)からモノレールに乗り、セントーサステーション(Sentosa Station)へ。そこから徒歩でハーバーフロント(HarbourFront)に向かい、地下鉄を利用するパターンです。

USS
↓(徒歩)
ウォーターフロントステーション
↓(モノレール)
セントーサステーション
↓(徒歩)
ハーバーフロント

僕らもそのパターンで帰ろうと思い、ウォーターフロントステーションに向かうと、写真のような混雑具合でした。
モノレール駅の混雑具合

ちょうどUSSが閉館した時間で、同じように市内に戻るお客が多かったんですね。

5分ほど並んでみたんですが、行列は進む様子がありません。

広告

このままでは時間がもったいないので、他のルートがないか検索。

調べてみると、ハーバーフロント駅まで徒歩で20分程度ということがわかりました。

徒歩でも意外に時間がかからないし、混雑とは関係なく帰れます。

ということで、ハーバーフロントまで徒歩で帰ることにしました。

ハーバーフロントウォークから見る夕日がキレイ

さらばセントーサ島!今度来るときは朝イチから来て遊びたおしたい!
セントーサ島の看板

徒歩ルートではハーバーフロントウォークを歩いて海を渡ります。

距離的には800mほど。19時頃は日が落ちて、涼しくなってくるので散歩にちょうどいいくらいです。
ハーバーフロントウォーク

ハーバーフロントウォークから見た夕日。この夕日がキレイだった。
ハーバーフロントウォークから見る夕日

モノレールからも夕日は見えるんですが、徒歩の方が自分のペースでゆっくり見えてオススメですね。鳥の様に見える小さな点はケーブルカーです。

道中にはワイヤーで作ったオブジェなんかも飾られています。

夕日に響くトランペット。
ワイヤーオブジェ トランペット

こっちはノリノリでサックスを吹いています。
ワイヤーオブジェ サックス

我思う故に我あり

18時半頃からだんだんと日が落ちてきて、19時くらいにはいい感じの夕日でした。

もう少し日が落ちて、夜になってもキレイなんじゃないかな。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールからの帰りは徒歩がオススメです!

2016年9月シンガポール旅行記の目次

シンガポール旅行記リンク

こちらの記事もどうぞ

・【ユニバーサル・スタジオ・シンガポール】平日なら半日でひと通りまわれる

・【シンガポール動物園】まるでジャングル!楽しみ方と攻略情報まとめ

・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 〜 まるでSFの世界!近未来型植物園はシンガポールの定番観光スポット

・シンガポール チャンギ国際空港でSIMカード購入・設定方法〜iPhoneが繋がらなくて悪戦苦闘

旅行の準備は済んでますか?

ホテルの予約

Expediaは航空券の予約特典として、ホテルを特別割引で予約できます。これがけっこうお得!全てExpediaで予約すれば、管理がらくにできるのでおすすめです。

すでに航空券を予約してるなら、ホテルの予約はagodaがおすすすめ。

シンガポール旅行におすすめの本


広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする