不真面目/真面目が1/1=1になるように

SnapLite iPhoneが高機能スキャンになる?ScanSnapでおなじみPFUから新商品!

slooProImg_20140522225214.jpg

ScanSnapでおなじみのPFUから本日(5/21)新商品が発売されました。その名もSnapLite。

SnapLite

広告


ScanSnap(Evernote edition) は購入以来ほぼ毎日使用しています。ScanSnapのおかげで日々の書類保管から解放されました。名刺、レシピ、セミナーのテキスト、レシート、昔の写真。家にあったダンボール2箱くらいの書類が綺麗さっぱり。
ScanSnap – Evernote Edition スキャナ

そんなこともあり、今回発表されたSnapLiteもとても気になります。

どんな特徴がありそう?

気になるとは言いつつも「うわ!どんな機能があるんだろ?」という期待と、「いやいや、ScanSnapがあれば十分だろ」という気持ちの半々。そこで公式サイトを覗いてみました。
SnapLite 特徴

サイトを見た印象だと下記のような特徴があるのかなと。
・iPhoneをより良いスキャナーに変えてくれそう
・立体的な物のスキャニングに向いてそう
・雑誌や本のスキャンがはかどりそう
・スタンドライトにもなるので一石二鳥になりそう

iPhoneをより良いスキャナーに変えてくれそう

SnapLiteはスタンドの上部にiPhoneをセットして使用する機器みたいです。見た感じだと同じくPFU社から出ているScanSnap SV600に似た印象。

撮影範囲を表示するレザーガイド機能がついていたり、複数のレシートを同時撮影できたり。iPhoneをより良いスキャナーに変えてくれそうです。

立体的な物の撮影に向いてそう

スキャナーは書類を読み込むものなので、基本的に立体的なものは読み取れません。しかし、SnapScanはスタンドにセットして仕様するので立体的な物もスキャニング可能。

やろうと思えば普通にiPhoneの撮影機能でもスキャニングできますが、やっぱり手ぶれや証明具合によって陰が出来たりします。SnapLiteならiPhoneを固定できるし、ライトがついているので立体的な物の撮影にスキャニングに向いてそうです。

雑誌や本のスキャンがはかどりそう

本とか雑誌の一部で気になるページがあってもさすがに破るのは躊躇します。ScanSnap SV600(59,800円)をもっていればいいんですが、お値段的に躊躇してしまいます。その点SnapLite(12,800円)なら値段も手頃ですし、個人で使うなら十分なんじゃないかなと。

iPhoneで本の一部を撮影しようとすると片手で本を開きながら、もう一方で撮影と結構大変です。詳しくはわかりませんが両手を話した状態で撮影か出来るみたいなので、本を開きながら撮影できそうです。

スタンドライトにもなるので一石二鳥になりそう

SnapLiteはライト機能もついているようなので、デスクライトとしても使用できそう。色々便利なガジェットが出てきますが、ついつい物が増えていきます。ScanSnap(Evernote edition) もかなりコンパクトなのでスペースはあまりとりませんが、これ以上机の上に物が増えるのは避けたいところ。

SnapLiteがデスクライトになるなら机の上の物が増えません。新生活を始めた人とかなら、デスクライトを買わないでSnapLiteを買った方が断然お得なんじゃないかと。

我思う故に我あり

ん〜調べれば調べるはど欲しくなってしまいます。特に両手をはなして撮影できたり、ライトで照らしながら撮影する機能にひかれてます。

テーブルで食事を撮影したり、料理中の手元の撮影、本の気になった箇所の保存など使い道が。

あと先着2000台には特典もついてくるみたいです。これは決断を急がねば!

広告

実は本日ブロガーズイベントに呼んでいただいたので、直に触ってきます!

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする