不真面目/真面目が1/1=1になるように

スワンナプーム空港からバンコク市内にエアポートレイルリンク(電車)で移動

slooProImg_20160526212354.jpg

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動に、エアポートレイルリンクを利用したので紹介します。

ドンムアン空港に到着したあと、スワンナプーム国際空港に彼女を迎えに行きました。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動はエアポートレイルリンクを利用しました。

広告


スワンナプーム国際空港からバンコク市内まで電車で行けますよ!

エアポートレイルリンクの乗り場。スワンナプーム国際空港の地下にあります。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

看板が曲がっているのは写真のせいじゃなくて、実物が曲がっているんです。細かいことは気にしないのが東南アジアクオリティ。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

券売機。「English」と書かれたボタンを押せば、タイ語から英語に切り替わります。駅名を押すだけなので、英語が苦手でも問題ないですよ。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

券売機からプラスチック製のトークンが出てきます。これが切符になります。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

トークンをかざすと改札口が開きます。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

バンコクは駅の改札や百貨店の入り口など、いたる所に警備員がいます。この警備員がやる気ないんですよね(笑)
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

たいていの場合普通に通れます。たまにバックの中身を見せてくれとなりますが、軽く見せるだけで十分です。

ホームはさらに地下にあります。荷物が多いと大変です。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

線路側が全面壁になっていて、乗車口だけが開きます。これは日本より安全ですね。ドラえもんのポスターがなごみます。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

電車内もキレイ。イスの座り心地は微妙かな。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

マッカサン駅で降りずにパヤタイ駅まで乗っていこう!

今回はマッカサン駅で降り、MTR(地下鉄)の「ペッチャプリー駅」駅に乗り継ぎました。

これが失敗でした。

エアポートレイルリンク「マッカサン駅」。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

広告

路線図を見るとマッカサン駅とペッチャプリー駅はつながっているように見えます。

ペッチャプリー駅まで、そんなに遠くないだろうとマッカサン駅の改札を出ます。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

標識が出ているので、迷うことはありません。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

しかし、これが結構遠いい!なんだかんだで10分以上歩きます。重いスーツケースを持っていると大変です。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

移動中に見た路面電車の駅。風情があってよかった。時間があったらベンチで休みたい。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

重いスーツケースを引きづりながら、なんとかペッチャプリー駅に到着。これはめんどくさい…。
スワンナプーム国際空港 エアポートレイルリンク

あとで調べてみたら終点のパヤタイは乗り継ぎが楽みたいです。

パヤタイ駅はBTS(スカイトレイン)と直結しているため、乗り継ぎが簡単にできます。

タクシーとどっちがいい?

タクシーとエアポートレイルリンク。バンコク市内に行くかならどちらがおすすめか?

こたえは移動する時間帯にによります。

渋滞が多い夕方は、タクシーで移動すると予定外の時間をとられてしまいます。

タクシーに乗るよりはエアポートレイルリンクに乗ってしまう方がおすすめです。

ただし、荷物が多い場合はタクシーがおすすめ。

海外で大きな荷物を引きずりながら、電車に乗るのは思いのほか疲れます。

タクシーをつかっても400バーツほどでバンコク市内までいけます。

金銭的にも大きな負担にはなりません。

我思う故に我あり

空港からバンコク市内まで電車で行けるのは便利。

乗り継ぎのことを考えると、宿はBTS サイアム線がおすすめ。

バンコク市内は渋滞が多いので、電車を有効的に活用した方がいいですよ!

タイ・サメット島に旅行するならこちらの記事もどうぞ

・バンコク旅行まとめ 2015年11月版 観光地やら有名店を回ってきました!飛行機・空港情報なども

・タイ旅行 SIMカード料金プラン比較 滞在日数でおすすめの携帯会社が変わる!

・スワンナプーム空港・ドンムアン空港からサメット島へのおすすめ移動方法

タイ旅行おすすめのガイドブック

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする