不真面目/真面目が1/1=1になるように

サメット島の移動はソンテウ!小型トラックの荷台にのってワイルドなドライブ

slooProImg_20160422194956.jpg

今回はサメット島内の移動手段として、ソンテウを紹介します。

前回の記事でバンペー港から無事にナダン港に到着。ここからホテルにむかいます。

バンペー港からサメット島へ移動!船の時間を間違えると一時間くらい待つぞ!

バンコク市内の車移動はタクシー、3輪自動車のトゥクトゥクを使います。

しかし、サメット島にはタクシーもトゥクトゥクも走っていません。サメット島内の車移動は、小型トラックを改造したソンテウを使うことになります。

これがなかなか気持ちいいんですよ。

広告


荷台に乗るんたぜ!ワイルドだろ〜

ナダン港に到着。ナダン港に着くと写真のような緑色の車を目にします。これがソンテウ。サメット島内の移動手段です。
サメット島 ソンテウ

車庫に行くと、こんなにズラッと並んでます。
サメット島 ソンテウ

小型トラックを改造。荷台が座席になっています。日本だと見かけませんよね。
サメット島 ソンテウ

荷台にはベンチが据えつけられ、座れるようになってるんです。
サメット島 ソンテウ

ただ、後ろの方は写真のようにガラ空き。安全対策などはしていません。子供と乗るときには気をつけてください。
サメット島 ソンテウ

トラックの荷台に乗る機会ってなかなかないですよね。スピードもけっこう出るので、スリリングで面白いですよ!
サメット島 ソンテウ

けっこう出費が痛い…

ソンテウの料金は意外と高いのでご注意ください!

相乗りすると安い

ソンテウの基本的な乗り方は相乗りです。

サメット島はタクシーを使うほど行き先が多くありません。港、ビーチ、ホテルくらいしか行き先がありません。

行き先が限られているので、1台のソンテウにみんなで乗り込み、人数が集まった時点で出発します。
ソンテウ サメット島

広告

相乗りするので一人あたりの料金は安くなります。30バーツもあれば、島内のどこにでもいけちゃいます。

ただし、人数があつまるまで待つ必要があるので、いつ出発するかわかりません。

チャーターすると高くなる

ソンテウをタクシーのように使う方法もあります。

人数が集まらなくても出発できるので、時間がもったいないと感じるならチャーターがおすすめ。

ただし、その分金額が高くなります。1台のソンテウをチャーターすると、片道で100〜300バーツほどになります。

料金メーターはついてないので、行き先を告げ、値段を確認してから乗ります。

宿泊先のホテルがビーチや港から遠いいと、往復するだけで500バーツほどかかってしまいます。

これがけっこう痛い出費に成るんですよね…。ホテルを選ぶときには、移動距離にも気をつけてください。

我思う故に我あり

相乗りの方が安くなるのはわかっているんですが、時間が惜しくて毎回チャーターしていました。

旅行中のソンテウの支払いだけでも5,000円くらい使ってしまいました。

サメット島に旅行するときは、ソンテウのお金を考慮して予算を立てた方がいいですよ。

ちょっと高いんですか、ソンテウの荷台はスリリングで楽しいですよ。

せっかくなんで移動手段としてだけでなく、アトラクションとして乗ってみてください。

タイ・サメット島に旅行するならこちらの記事もどうぞ

・バンコク旅行まとめ 2015年11月版 観光地やら有名店を回ってきました!飛行機・空港情報なども

・タイ旅行 SIMカード料金プラン比較 滞在日数でおすすめの携帯会社が変わる!

・スワンナプーム空港・ドンムアン空港からサメット島へのおすすめ移動方法

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする