不真面目/真面目が1/1=1になるように

自家製梅ジュースを漬け込んで一ヶ月経過 長期保存のために梅の取り出しと加熱殺菌

自家製梅ジュースを漬け込んで一ヶ月が経過しました。

一ヶ月経過すると梅エキスがしっかりと抽出されます。

このままでも飲めるんですが、長期保存するためには、ひと工夫が必要です。

それは漬け込んだ梅の取り出しと加熱殺菌

スポンサーリンク

梅を漬け込んで一ヶ月経過!

こちらが一ヶ月漬け込んだ梅ジュース。梅エキスがしっかりと抽出されています。
梅ジュース

このまま水で薄めて飲むことができます。

というか、すでに何杯かのんでしまいました。(笑)

暑い夏にキリッと冷えた梅ジュースは最高なんです。

半身浴しながら飲む冷たい梅ジュースもおすすめ。

長期保存のために梅を取りだす

長期保存するために梅を取りだします。

このまま梅を漬け込んでおくと、梅が腐ってしまい、梅ジュースがダメになることがあるそうなんです。

ジュースの上に浮いている梅を取り出して、容器に移していきます。
梅ジュース 取り出し

取り出した梅は食べても美味しくないんですが、捨てたらもったいない!

梅のまわりにジュースがついているので、水で薄めて飲みましょう!
梅ジュース 取り出し

湯せんしながら加熱殺菌

梅を取り出したあとは湯せんで加熱殺菌します。

梅を漬け込んだ瓶を鍋の中に。弱火から中火で湯せんしていきます。
梅ジュース 加熱殺菌

中身を鍋に移しかえてもいいいいんですが、できれば湯せんがおすすめです。

鍋に移しかえるのはめんどくさいし、直火だと火力の調整に気をつかいます。

注意点として、瓶が耐熱ガラス確認してください。普通のガラス瓶だと割れる可能性があります。

今回使用した瓶は耐熱ガラスの表示がなかったので、ビクビクしながら温度を上げていきました(笑)

湯せんをすると梅ジュースがだいたい80度くらいになります。そのまま10〜15分加熱殺菌。
梅ジュース 加熱殺菌

加熱殺菌したあとは自然に温度が下がるのをまって、冷蔵庫で保温します。

小分けにできる瓶があると保存も楽にできますよ。

我思う故に我あり

しっかり密封して、冷蔵庫に入れると一年くらい保存できるそうです。

でも、一年以内に飲みきっちゃうだろうな…。

梅ジュースの原液は濃いので水、炭酸水、牛乳などで薄めると美味しく飲めます。

梅ジュースに関する記事

・超かんたん、おいしい梅ジュースの作り方に挑戦!コツは梅を冷凍する

・超簡単で美味しい自家製梅ジュースの作り方に挑戦!容器の大きさ選らびに失敗した

・自家製梅ジュースの作り方に挑戦。梅を凍らせたらたった1日で果汁が出まくっている!


この記事が気に入ったら「いいね」お願いします!
役立つ情報をお届けします!

Twitter で

スポンサーリンク

プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5