不真面目/真面目が1/1=1になるように

海外から帰国すると毎回体調をこわすので、対策を考えてみる

slooProImg_20161110201358.jpg

昨日の夜中にベトナム ホーチミンから帰国しました。

無事に帰国できたんですが、体調を崩してしまいました……。寒気と節々の痛みが……。

今日はお昼過ぎまで寝て過ごし、起きたあともうつらうつらしながらベッドの上で過ごしてました。

旅行に行ったあとに体調を崩すのは今回だけではないんですよね〜。

旅行する度に毎回体調を崩しています。

本日は今回の旅行を振り返りながら原因と対策案を考えてみます。

広告

体調をこわした原因

ホーチミン 食事
今回の体調不良に関して、原因と考えられそうなものをあげてみました。

旅行中の食べ過ぎ

まずは旅行中の食べ過ぎです。朝、昼、夜と食べ過ぎたんです。

ホーチミンのホテルは基本的に朝食込みのプランばかりです。

朝食のグレードはホテルによって様々。パンと簡単なおかずだけのホテルもあれば、ブュッフェ形式の朝食もあります。

普段、自宅ではあまり朝食を食べない方なんですが、宿泊先で朝食が出てくるとついつい食べ過ぎてしまうんですよね。

さらに、昼食、夕食は行きたかったお店でガッツリと食べてしまうので、食べ過ぎてしまいました。

ほとんど胃腸が休まることなく、ちょっと無理して食事をしていたんです。

ホテルを毎日変えた

今回の旅行ではホテルを毎日変更しました。

広告

ブログのネタ集めのためと、できるだけ安くて満足するホテルを見つけるためです。

最初の方は楽しかったんですが、さすがに毎日違うホテルにするのはキツい!

ホテルのクオリティもバラバラ。毎日荷造りして、移動するだけで疲れてしまいました。

なんか、会社に勤めてる時の出張を思い出しましたね。笑

寝巻きがなかった

ホーチミンの安ホテルには、寝巻きやバスローブがついてないんです。2週間の滞在で、バスローブがついていたホテルはひとつだけでした。

しょうがないから下着一枚で寝ていました。ベトナムなので寒くはないんですが、汗をかいて寝心地が悪かったです。

睡眠不足

ホーチミン 夜の街
旅行中は常に寝不足でした。

睡眠時間が短かったワケではないんですが、食べ過ぎや寝心地の悪さから睡眠の質が悪かったようです。

睡眠不足でも起きてホテルを移動しなくてはならず、悪循環でした。

次回はどうしたら対策できる?

ホーチミン ホテル
原因はわかったので、次回どうしたらいいかもまとめておきます。

朝食はフルーツメインにする

朝食はフルーツをメインにします。

フルーツなら消化が早く、栄養素もしっかりとれます。

ベトナムのフルーツは大好きなので、毎朝フルーツでも飽きません。ドラゴンフルーツとかマンゴスチン最高!

ホテルをコロコロ変えない

次回はホテルをコロコロ変えないようにします。

少なくとも二泊三日くらいはしてから別のホテルにうつろうかなと。

さらにホテルをとるときは、ちょっと値段が上がるけど窓付きの部屋を選択します。小さなホテルは空調が不十分で、窓がないと部屋が湿気るんです。

寝巻きを持っていく

寝巻き、もしくは寝巻きの代わりになる肌着をもっていきます。

ベトナムの宿泊には寝巻きが必須だなと実感。

たいていのホテルで洗濯サービス(有料)があるので、数は少なくても大丈夫だと考えてます。

睡眠を優先する

とにもかくにも睡眠を優先します。

紫外線が強く、湿気の強いベトナムは歩いてるだけで体力を消耗します。しっかりと睡眠をとってないときついです。

旅行先だからといって、夜に飲みすぎも厳禁!多くても1日2杯くらいに抑えます。

我思う故に我あり

とりあえず自分の備忘録として書いてみました。

どの項目も宿の選択が重要なので、オススメのホテルは別記事でまとめる予定です!

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする