不真面目/真面目が1/1=1になるように

【ベトナム SIMカード】ホーチミ空港でmobifoneのデータ通信(3G)を購入・設定する方法

本日はベトナム タンソンニャット国際空港(ホーチミン)でのSIMカード購入・設定について解説します。

「ベトナムのホーチミン空港って、かんたんにSIMカードの購入できるの?」

海外旅行時に真っ先に心配になるのが現地でのネット環境です。初めての国ではネットがないと何もできないですからね。

僕はベトナムには何回も行ってます。(彼女がベトナム人ですから)

今回はホーチミンのタンソンニャット国際空港でのSIMカードの購入、設定・登録について説明します。

広告

10分もあれば空港でSIMカードの購入、設定ができる

結論から言ってしまいますが、10分もあれば空港でSIMカードの購入・登録が完了します。

プランさえ決めてしまえば、あとはスタッフのお姉さんがやってくれます。英語が苦手でも大丈夫。指差しや、簡単な英語で通じます。

僕は何回もベトナムに行っていますが、いつも料金プランだけ決めてあとはスタッフのお姉さんにやってもらいます。

ぜんぜん難しくないので安心してください。

SIMカードの購入は専門店で! 購入前に両替をお忘れなく

SIMカードの購入は専門店がオススメです。そして、購入まえには両替をしておていくださいね。

ベトナムでは色々な場所でSIMカードが販売されています。コンビニや両替所なんかでも販売されているんですよ。

ですが、SIMカードを購入するときは、できるだけ登録作業に慣れたスタッフがいるお店にしましょう。

オススメは「TELECOM SHOP」。入国手続きを終え、荷物を受け取り、ロビーに出るとすぐ見つかるはずです。
SIM販売

SIMカードを購入する前に両替を済ませてください。SIMカードの購入は基本的に現金のみとなります。クレジットカードは使えません。

「TELECOM SHOP」の斜め前にはcitibankのATMがあります。海外キャッシングができるクレジットカードを持ってるなら、ATMで降ろす方が手数料が安く済んでお得ですよ。
ATM

ベトナムには通信会社が何社かあります。どこも似たようなブランですが、若干異なります。滞在日数、ネットの利用頻度によって自分にあったプランを選択できますよ。

下の写真は「VIETTEL」の料金プラン。
料金プラン

タイミングが悪かったのか、インターネットしか使えないSIMカードのみでした。プリペイド式で通信容量と料金は3.5GB(170,000VND)、7GB(200,000VND)、10GB(250,000VND)。
料金プラン

広告

だいたい200,000VNDが日本円で千円くらいになります。

インターネットしか使えないので、別の会社の料金プランをチェック。

ベトナム最大手「mobifone」の旅行者向けSIMカード。30日間使え、インターネットは12GBまで利用可能。電話通話も可能です。料金は250,000VND。
mobifoneの料金プラン

今回の旅行では2週間の滞在だったので、「mobifone」の旅行者向けSIMカードを選択。

ネットは12GBまで利用できるので、なんの心配もなく使いまくりました。通話に関しても飲食店の予約や、ホテルに電話するくらいなので十分でした。

設定・登録はお姉さんに任せればOKですよ

料金プランを選んだら、あとの設定・登録作業はスタッフのお姉さんに任せてしまいましょう!

こういったお店のスタッフは、何人もの旅行者SIMカードを設定しています。いわばプロ中のプロです。

ヘタに素人がいじくるよりも、お姉さんに任せた方が速く、安全に登録作業が終わります。
登録完了

念のため、設定・登録が終わったらネットに繋がっているか確認をしてくださいね。

我思う故に我あり

荷物を受け取って、10分程度でSIMカードの設定・登録ができました。よかった、よかった。

ちなみに空港内ではフリーのWi-Fiが利用できます。入国審査官の待ち時間や、荷物を受ける前にWi-Fiにつないでおくといいですよ。

もし空港でSIMカードを購入し忘れても慌てないでください。市内のショップに行けば、同じように簡単にSIMカードの購入、設定・登録ができます。

市内のショップでの購入、設定・登録は別記事に書いてあります。英語が苦手でも問題ないので安心してください。

ホチーミンの宿泊レビュー

ホーチミンで宿泊したホテルをレビューしています。3,000円から5,000円前後の比較的利用しやすい価格帯ばかりです。旅の参考にご利用ください。
ホーチミン格安ホテルレビュー

広告


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SNSでフォローする