不真面目/真面目が1/1=1になるように

Alagon Saigon Hotel【ホーチミン宿泊レビュー】カップル、新婚旅行にオススメ! ジムやルーフトップバー完備

アイキャッチ

本日はホーチミンのAlagon Saigon Hotel & Spa(アラゴン・サイゴン・ホテル & スパ)を紹介します。

2016年10月の下旬から、2週間ほどベトナムのホーチミン市に滞在してきました。今回の旅行では毎日のようにホテルを変え、宿泊費が4,000円〜5,000前後のホテルの使い心地をチェックしてきました!

本日紹介するアラゴン・サイゴン・ホテルは設備、立地ともに最高です!

一泊7,000円前後の価格帯ですが、タイミングよく5,000円以下で宿泊できました。

広告


どんな人にオススメ?

アラゴン・サイゴン・ホテルは次のような人にオススメです。

  • ちょっと宿泊費が上がってもいいから、満足度の高いホテルに宿泊したい
  • コスパが良いホテルに宿泊したい
  • 彼女と宿泊するからキレイで、居心地がいいホテルに宿泊したい
  • ホテルにジム、プール、スパ、バーがほしい

アラゴン・サイゴン・ホテルの宿泊費は一番安いグレードでも7,000円前後になります。(時期によってはお得に泊まれる)

ホーチミンのホテルにしては高い方ですが、ホテル内の設備を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いです。

ホテル、部屋がキレイなので彼女と泊まるときにもオススメですよ。

ホテル内にジム、プール、スパ、バーがそろってるので、外出しなくても楽しめます。

アラゴン・サイゴン・ホテルの施設紹介

アラゴン・サイゴン・ホテルを紹介していきます。
ホテル全景

ロビー

まずはロビー。ロビーは広く、ゆったりしています。
ロビー

イス、ソファーがあるので、待ち合わせをするのに使いやすいです。
ロビーのソファー

エレベーター・階段

エレベーターは1台。混雑する時間帯には少し待つことになります。
エレベーター

3階くらいなら階段を使った方がいいですね。
階段

部屋の詳細

部屋を紹介します。今回宿泊したのはデラックスルーム(窓なし)です。

アラゴン・サイゴン・ホテルの部屋の中では一番グレードが低くなります。

広告

一番グレードが低くても、部屋はメッチャキレイです。
部屋 ベッド

全体的に白を基調とし、清潔感がある内装になっています。
部屋

女性受けする部屋ですね。うちの彼女もこのホテルが一番気に入ったようです。
部屋

RICOH THETA Sで撮影した360度写真です。

アラゴン – Spherical Image – RICOH THETA

ベッド

ベッドはダブルサイズでした。カップルや、小さい子供づれの3人家族なら十分な大きさです。

枕元にコンセントがあり。枕元でスマホが充電できます。
コンセントあり

部屋に設置されてる机。
机

ちょっとカワイイ机ですが、パソコンを使うにも十分な広さです。電気スタンドがあるので、書き物をするにもいいですね。

椅子の座り心地が微妙ですが、許容範囲です。長時間でなければ十分使えます。

今回は窓無しの部屋に宿泊しました。窓ありの部屋は宿泊費が少しアップします。

換気

窓はなかったですが、部屋の中はしっかりと換気されています。

特に不満はありませんでしたが、雨季のシーズン(5月〜10月)はできるだけ窓のある部屋がオススメです。

照明

照明は明るくて、特に不満はありません。

これくらいの照明なら部屋に篭っていても憂鬱な気分にはならないでしょう。

洗面所

洗面所が広い!

シャーワーとトイレ。しっかりと区切られています。
シャワートイレ

洗面台は広くてとてもキレイ。日本のビジネスホテルなんかよりもずっと使い心地いいですね。
洗面台

アメニティは髭剃り、歯ブラシ、綿棒などひと通りそろっています。
アメニティ

クローゼット

クローゼット。2人でも十分な大きさ。ベトナムのホテルには珍しく、バスローブが付いてきます。
クローゼット

サンダルとアイロン。アイロンがあるのは珍しいですね。サンダルがビーチサンダルタイプなのがちょっと残念です。
サンダル アイロン

スリッパタイプのサンダルを持ってくると、より快適に過ごせます。携帯できるスリッパは飛行機に乗るときにも便利ですよ。

セーフティーボックス

クローゼット内にセーフティーボックスが完備されています。
セーフティーボックス

ドリンク・ミニバー

毎日ミネラルウォーター2本のサービスあり。
無料のペットボトル

インスタントコーヒー、紅茶。
コーヒーポット

ミニバー。節約するなら、飲み物は近くにあるコンビニで購入できます。
ミニバー

Wi-Fi

宿泊者は無料でWi-Fiを利用できます。速度も速く、特に不自由はしませんでした。

騒音

夜はエレベーターや、他の部屋の騒音が響きます。寝付けないほどではないですが、神経質な人は耳栓持参がオススメです。

アラゴン・サイゴン・ホテルのサービス

アラゴン・サイゴン・ホテルのサービスについて紹介します。

フロント

スタッフは優秀で、とても礼儀正しいです。宿泊中に不愉快な思いもすることはありませんでした。とても気持ち良く泊まれました。
フロント

チェックイン・チェックアウト

チェックインは昼の14時から。チェックアウト昼の12時までです。

チェックイン時にドリンクのサービスがありました。
チェックイン時に飲み物

アリーチェックインは420,000VMD。レイトチェックアウトは630,000VNDかかります。

ただ、チェックインに関しては少し早いくらいならサービスしてくれるかもしれません。僕は昼の12時に追加料金なくチェックインできました。(部屋の混雑状態によるんだとおもいます)

送迎の有無

空港シャトルバスの料金は、1車両あたり432,000VND(片道)です。空港からタクシーで来ても250,000VND(約1,300円)もかからないので、ちょっと割高です。

洗濯

有料になりますか洗濯のサービスがあります。
洗濯料金表

Tシャツが20,000VND。日本円だと100円ほどです。安くはないですが、ホテルのグレード的にはリーズナブルな料金設定です。
洗濯料金表アップ

フィットネスジム

アラゴン・サイゴン・ホテルにはジムが併設しています。朝の6時から、夜の22時までやっているので、とっても使いやすいです。ジムが完備しているせいか、長期滞在者もけっこういます。

あまり広くはないですが、ひと通りのマシーンが揃ってます。
ジム

ランニングマシン

さらに屋上にはプールを完備。本気で泳ぐには物足りない大きさですが、軽く有酸素運動をするには十分です。
プール

夜になるとさらにプールの雰囲気が増します。
プール 夜

スパ

ホテル内に本格的なスバが設置されています。
スパ

僕は利用していませんが、ちょっと値段は割高でした。
spa

マッサージ料金表

アラゴン・サイゴン・ホテルの立地

周辺の立地状況を紹介します。

コンビニ

ホテル周辺にはコンビニが多数あるので、食べ物、飲み物、日用品などは簡単に揃います。

レストラン

ホテルの周辺にはレストランがたくさんあるので、食事には困りません。ベトナム料理だけでなく、洋食、和食とそろっています。

観光名所

ホテルはベンタイン市場にも近いです。ブイビエン通りにも徒歩で行けるくらいの距離です。観光の拠点とするにはオススメです。

アラゴン・サイゴン・ホテルの食事

アラゴン・サイゴン・ホテルの食事を紹介します。

朝食

アラゴン・サイゴン・ホテルの貯食ブュッフェはかなり充実しています。1日で全種類を楽しむのはちょっと無理なくらいです。3泊4日くらいなら朝食に飽きることはないでしょ。

下の写真はほんの一部です。これの5倍くらいの種類が用意されています。
朝食ブュッフェ

ベトナムはフランス領だったこともあり、ビーフシチューも美味しいですよ。
洋食

朝食は洋食派の人も安心してください。
朝食のシリアル

出来立ての麺料理が楽しめるコーナー。
麺類

牛肉のフォーをいただきました。
フォー

個人的に気に入ったのはフルーツの豊富さ。ドラゴンフルーツ、パッションが食べ放題です。美味しいフルーツが出回る5、6月くらいはもっといっぱいありそうです。
フルーツ

カフェ・バー

アラゴン・サイゴン・ホテルの屋上にはルーフトップバー・カフェがあります。吹き抜けで風が気持ちいいですよ。
ルーフトップカフェ

夜はホーチミンの夜景を眺めながら一杯楽しめます。
バーの夜景

ホテル周辺にはカフェ、バーが充実しています。ホテルの外でも十分に楽しめますよ。

アラゴン・サイゴン・ホテルの宿泊費

宿泊費は1部屋・1泊で4,678円でした。(税込。エクスペディア経由の割引後の価格)

1部屋の値段なので、2人で宿泊しても同じ料金になります。

我思う故に我あり

ちょっと宿泊費が高くなりますが、日本のビジネスホテルより安いですからね。

女性と一緒に旅行するなら、アラゴン・サイゴン・ホテルにしておけば間違いないです。

ホテル内の設備も充実しているので、コストパフォーマンスはピカイチですよ。

ホテル予約サイトで格安料金を見てみる

ホチーミンの宿泊レビュー

ホーチミンで宿泊したホテルをレビューしています。3,000円から5,000円前後の比較的利用しやすい価格帯ばかりです。旅の参考にご利用ください。
ホーチミン格安ホテルレビュー

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする