不真面目/真面目が1/1=1になるように

Hello House【ホーチミン宿泊レビュー】ブイビエン通り近くで宿泊費が格安! 学生、一人旅、長期滞在にオススメ

アイキャッチ

本日はホーチミンのHello House(ハロー ハウス)を紹介します。

2016年10月の下旬から、2週間ほどベトナムのホーチミン市に滞在してきました。今回の旅行では毎日のようにホテルを変え、宿泊費が5,000円以下のホテルを中心に使い心地をチェックしてきました!

本日紹介するハロー ハウスはバックパッカーが多いブイビエン通り近く、手頃な値段で宿泊できます。

広告

どんな人にオススメ?

ハローハウスは次のような人にオススメです。

  • ブイビエン通りの近くに宿泊したい
  • 出来るだけ宿泊費をおさえたい
  • ゲストハウスの相部屋は無理!個室に泊まりたい
  • ディープなベトナムも楽しみたいけど、ディープすぎるのはちょっとこわい
  • 女性スタッフが多いホテルに泊まりたい(女性でも宿泊しやすい)

ハローハウスはブイビエン通り近くにあります。

ブイビエン通り通りはバックパッカーが多く、比較的物価が安い地域です。この辺りは物価は安いのですが、治安は少し悪くなるんです。

ゲストハウスなどに宿泊すれば、かなり費用を抑えられますが、盗難とかがちょっと心配です。

ハローハウスならブイビエン通り通りから近く、お安く宿泊できます。部屋も個室なので、安全面から見てもオススメなホテルなんです。

ハロー ハウスの施設紹介

それではハローハウスを紹介していきます。
全景

ロビー

ロビーは小さいですが、テーブルとイスはあるので簡単な待ち合わせはできます。
テーブル

館内は土足禁止。玄関で靴を脱いで、裸足になります。ベトナムは気温が高いので、裸足が気持ちいいです。
玄関

階段・エレベーター

ハローハウスにはエレベーターがありません!

今回最上階(6階くらいだったかな)の部屋だったので、上り下りが大変でした。
階段

大きなスーツケースをもって上がるのはキツいです。年配の方にはオススメできません。

1フロアーに2部屋。
扉

広告

部屋の詳細

今回はスーペリア ダブルルームに宿泊しました。

部屋はなかなか広く、2人で泊まっても窮屈には感じないくらいです。
部屋

日本のビジネスホテルなんかと比べるとぜんぜん広いですよ。
部屋2

RICOH THETA Sで撮影した360度写真です。

ハローハウス – Spherical Image – RICOH THETA

ベッド

ベットはダブルサイズなので2人で寝ても苦になりません。

枕元にコンセントがあるので、スマホの充電ができます。
枕元のコンセント

部屋に備え付けのテーブル。なんとイスがないんです。
テーブル

大きさ的には十分なんですが、いかんせんイスがないのでパソコンなどの作業はできず。

食堂のテーブル、イスは適度な高さです。混雑する時間帯以外なら、食堂で作業がオススメです。

今回は窓ありの部屋に宿泊しました。
窓

とはいえ、目の前が壁で、あまり日光は入ってきません。窓を開けることはできません。

無いよりはマシですが、気休め程度と思ってください。

換気

窓は開きませんが、窓の下に換気扇がついてます。
換気扇

換気扇を回し、ドアを開けておくと上手く換気できます。少しうるさいので、寝るときは止めておくといいですよ。

照明

部屋の照明は少しくらいですね。昼間は気になりませんが、夜になると暗く感じました。

やっばり窓のある部屋かおすすすめです。

洗面所

洗面所を紹介します。

部屋のドアを開けると、すぐに洗面所の入り口が見えます。館内は基本裸足ですが、洗面所にはサンダルが完備。シャワーを浴びた後は洗面所の床が水浸しになるので、サンダルが必須なんです。
洗面所入り口

洗面所、トイレ、シャワーの仕切りがありません。日本だとあまり見かけないタイプですね。慣れると平気になります。
洗面所

アメニティは歯ブラシと石鹸のみ。カミソリなどはコンビニで売っているので、とくに困りません。
アメニティ

クローゼット

クローゼットは二人でも十分な広さです。長期滞在する人が多いので、これくらいの大きさが必要なんでしょうね。
クローゼット

セーフティーボックス

セーフティーボックスはありません。貴重品は持ち歩くか、フロントに預けるか、旅行カバンに鍵をつけるかになります。

ドリンク・ミニバー

ミニバー。ソフトドリンクは15,000VND、ミネラルウォーターは10,000VND。コンビニよりは高いですが、かなり良心的な値段設定です。わざわざ外に買いに行くよりも、ミニバーがオススメです。
ミニバー

Wi-Fi

Wi-Fiは無料ですが、通信速度がちょっと遅いです。普通に使う分には問題ありませんが、動画などは少しストレスを感じます。

騒音

夜は他の部屋の騒音が響きます。寝付けないほどではないですが、神経質な人は耳栓持参がオススメです。

部屋の鍵

鍵はオートロックではなく、手動で施錠します。かけ忘れないように注意してください。部屋の鍵と玄関の下駄箱の鍵が一緒についています。
鍵

ハロー ハウスのサービス

ハロー ハウスのサービスについて紹介します。

フロント

スタッフは親切で、感じが良かったです。日本語は話せませんが、特に不都合はありませんでした。下手な英語でも熱心に対応してくれます。
フロント

チェックイン・チェックアウト

チェックイン開始時刻は14時。多少早くなるくらいなら対応してくれるようです。僕は13時頃チェックインしました。(部屋の清掃状態にもよるとおもいます)

チェックアウトは午前11時半までです。宿泊費の半額を支払えば、17時までチェックアウトを延長できます。

送迎の有無

ホテルから空港に送る場合は200,000VND(1台)。空港からホテルまでの送迎は300,000VND(1台)。運賃

空港からタクシーで来ても約250,000VND(約1,300円)かかるので、かなり良心的な値段設定です。ベトナムになれていな人は送迎サービスをオススメします。

洗濯

洗濯代がとってもリーズナブルです。35,000VND/kg。この金額なら気兼ねなく利用できます。
洗濯費用

フィットネスジム

ハローハウスにはフィットネスジムが併設していません。毎日運動したいなら外を走るか、別のホテルを選んだ方がいいですね。

数日に1回程度の運動であれば、外部のフィットネスクラブを利用する手もあります。乾季(11月〜4月)は排気ガスで空気が悪いので、外で走るのはオススメできません。

ハロー ハウスの立地

周辺の立地状況を紹介します。

コンビニ

ホテル周辺にはコンビニが多数あるので、食べ物、飲み物、日用品などは簡単に揃います。

レストラン

ホテルの周辺にはローカルなレストランがたくさんあるので、食事には困りません。

ローカルなレストランが苦手なら、ブイビエン通りがオススメです。バックパッカーが多く、飲食店が豊富にあります。(和食はほとんどない)

観光名所

ブイビエン通りが近く、バックパッカー的な観光にはオススメです。(昼間からビールの飲んでダラダラとリラックスしたりなど。笑)

ベンタイン市場には歩いていけるくらいの距離にあります。その他の観光名所にはタクシーがオススメです。

周囲の治安

ハローハウスは路地裏にあるので、夜間歩くさいは気をつけてください。特に女性。
路地裏

ベトナムは比較的安全です。僕は半年ほど駐在していましたが、危ない目にあったことはありません。

多分、日本の新宿や渋谷の方が治安悪いんじゃないかな。笑

とはいえ、海外ですので最低限の注意はしておきましょう。

周囲の交通量が多いので、交通事故にも注意してくださいね。
市場

ハローハウスの食事

ハローハウスの食事を紹介します。

朝食

食堂はロビー階にあります。4席しかないので、混雑する時間帯だと座れないかもしれません。
食堂

朝食はリストの中から選択します。
朝食メニュー

ドリンクはバッションジュースを選びました。バナナはどのセットにも付いてくるようです。
フルーツ

フライドヌードル、目玉焼き、ソーセージのセット。インスタント麺かな? 意外と美味しいです。毎日だときついですが、たまに食べるにはオススメです。
フライドヌードル

カフェ

ハローハウスにはカフェが併設していません。周辺にはカフェが充実しています。美味しいコーヒーを飲みたいときは近くのカフェに行きましょう!

ただし、ローカル系のカフェが多く、机が低いです。パソコンを開いてドヤ顔する感じのカフェはあまりありません。

バー

ハローハウスにはバーが併設していませんが、ブイビエン通りにはバーが充実しています。ベトナムのビールは安いので、飲みすぎには注意してください。笑

ハローハウスの宿泊費

宿泊費は1部屋・1泊で2,342円でした。(税込。エクスペディア経由の割引後の価格)

1部屋の値段なので、2人で宿泊しても同じ料金になります。

我思う故に我あり

値段の割にはは満足度が高いホテルでした。学生とか、気ままな一人旅にオススメです。

僕が宿泊している間、ホテルのスタッフは女性しか見かけませんでした。女性か泊まるにも安全かなと感じました。

ホテル予約サイトで格安料金を見てみる

ホチーミンの宿泊レビュー

ホーチミンで宿泊したホテルをレビューしています。3,000円から5,000円前後の比較的利用しやすい価格帯ばかりです。旅の参考にご利用ください。
ホーチミン格安ホテルレビュー

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする