不真面目/真面目が1/1=1になるように

バインミー☆サンドイッチ 高田馬場 ベトナム風サンドイッチが絶品すぎる!

slooProImg_20141213172508.jpg

「何このサンドイッチ。超美味いんだけど」

前回に引き続きベトナム好きの知り合いから教えてもらったお店です。
ミス・サイゴン 渋谷で食べる本場のベトナム料理!ブンボーフエうまし!

今回訪れたのは高田馬場にあるバインミー☆サンドイッチ。バインミー(ベトナム風サンドイッチ)が楽しめるお店です。

バインミーの特徴をWikipediaから引用しておきます。

長さ20センチメートルほどの柔らかめのフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、バター、パテを塗り、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ヌックマム(魚醤)を振り掛ける。携帯性のよさから屋台だけでなく、バスターミナルなどでは駅弁がわりとして新聞紙に包んでも売られる庶民のファーストフード。

広告


バインミー☆サンドイッチ

お店までの行き方

  • 東西線・・・高田馬場駅 1番出口
  • JR線・・・高田馬場駅 早稲田口

両方とも駅から1.2分ほどの距離です。駅から近いのがいいですね!

お店の外観

お店の外観です。この日は土曜日の昼だったですが結構な人数の人が並んでいました。バインミーはテイクアウト専門のお店になります。店内の販売機でチケットを購入。お店の外で並ぶことになります。真冬は少しキツイかも。写真には上手く写ってませんが、店の前にはベンチが置いてあります。大きさは2人用。3人用くらいの2種類。

PC132139

バインミーにアップ。

お店の前の看板。ただし、並んでる人が多すぎて看板が見えませんでした。(笑

店内の雰囲気

店内はチケットの販売機とカウンターのみ。店の奥ではせっせとサンドイッチを作っています。

メニュー

お店の外に貼ってあるメニュー表。サイズは2種類あります。ラージサイズは550円。ミニサイズは330円。(2014年12月現在)具材による値段の違いはありません。

上段メニューアップ。

下段メニューアップ。

この他にもっちりパンなども販売されてます。

広告

ちなみにラージサイズとミニサイズで注文方法が異なります。ラージサイズは販売機でそれぞれのボタンを押してチケットを購入します。

しかし、ミニサイズには各メニュー毎にボタンがありません。写真では隠れてしまいましたが、右上にあるミニサイズ用のボタンから共通チケットを購入。店員さんに口頭で種類を伝えます。

ナマスの酸味がうまい!

今回注文したのはベトナムハム&レバーペースト。海老&アボカドの2種類。色んな味を食べてみたかったのでミニサイズで二つ購入しました。

出てきたのがこちら。紙で包まれ、白いビニール袋(コンビニみたいな)に入れられて渡されます。端の片側はキャンディーの包み紙みたいにねじられ、もう片方は開いたままになってます。この形が凄くいい!食べやすいし、こぼれにくいです。他の店も真似すればいいのに。

海老&アボカド

まずは海老&アボカド

大きさを比較するためにiPhoneを置いてみました。ちなみにiPhone5です。

パクチーもしっかり入っています。

中の具材。野菜もたっぷり!エビは4匹くらい入っていたかな。火を通しすぎず、プリッとしています。アボカドはゴロッとは入っていません。

味はナマスの酸味がエビ、アボカドとあいまって、今まで味わったことのない美味しさ!使われている自家製のアジアンマヨネーズがまたいい味を出してます!あれだけ野菜が入っているのに、ナマスを使ってるから味が全然ボヤけていません。

ベトナムハム&レバーペースト

続いてベトナムハム&レバーペースト

こちらも野菜がたっぷり。自家製のハム。

レバーペースト。

3種類の手作りハムが入っていますが、厚切りでいい味を出してます。ハムというよりチャーシューに近い感じです。レバーペーストも変なクセはなく、レバーの軽い苦味とタップリの旨味が。レバーペーストってなかなかこういう食べ方したことないですが、今まで知らなかったのがもったいないくらい。

特徴的なのが紅白ナマス。ナマスの酸味があることで普段食べるサンドイッチとは全然違う印象をうけます。野菜がたっぷりなのに全然水っぽくなりません!
紅白なますのレシピ[クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが190万品

我思う故に我あり

ミニサイズでも二つ食べたら結構なボリュームでした。ミニサイズは2食べても660円とリーズナブルなので、初めて行った人はミニサイズ二つをオススメします!

注意点としては出来上がりまでに少し時間がかかること。できれば時間に余裕を持って行くことをオススメします。

そのうち書く予定の記事

ベトナムで本場のバインミーもたべてみた
follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする