不真面目/真面目が1/1=1になるように

辻馬車 湯布院観光なら辻馬車は絶対乗るべき!馬車で街中と山を疾走!

slooProImg_20140918103802.jpg

「パッパカ、パッパカ、パッパカ」

みなさん馬車って乗ったことありますか?由布院の駅前や街中を歩いていると馬車を見かけることがあります。

天気がいい日だとこの馬車に乗るのが気持ちよくて気持ちよくて。由布院に行ったら是非とも乗るべきです!

広告


辻馬車に乗ってきた!

現在辻馬車を引っ張ってる馬は3頭。くり、ゆき、さぎり。
写真は由布院駅前にある辻馬車発車場。よく見ると3頭の名前が書いてます。

タイミングがいいと駅を降りてすぐに停車している馬車が見られます。

馬は競馬とかに出ているサラブレッドとは違って、ばんえい競馬に使われるばん馬に近いタイプ。筋肉隆々で力強いです。

今回僕がのったのは下の写真のゆきちゃん。こう見えて10年目というベテラン。

ひいている馬車はポーランド製。比較的新しいらしく、まだ綺麗で形もカッコイイ!

馬車からの風景が最高

辻馬車の醍醐味は何と言っても馬車から見る由布院の景色!

別に歩いていても景色を見ることはできるんですが、馬車からの眺めは視線が少し高くなり。徒歩でもなく、車でもなく馬車の速度で景色を楽しむのが最高なんです!

広告

馬にふれよう!

辻馬車の魅力は乗るだけではありません。道中の休憩時間には馬に触ったり、一緒に記念撮影もできます。

ズームとか無しで馬の撮影。ここまで馬に寄ったり、顔をさわることができます。馬の鼻とかけっこう柔らかいんですよ!

馬のお尻なんて触れる機会ないですよね。むっちゃパンパンです。むっちゃ尻の皮厚いです。動いた後なので汗でしっとりしています。

足も筋肉隆々。

ボーッと尻を眺めていたらオナラをかまされました。馬のオナラなんて嗅ぐの初めてです。とても臭かったですが、オナラの際に尻尾がゆれるさまとかなかなか面白いので一回くらい体験した方がいいです。絶対。

トークも充実!

また馬車の中では運転手(っていうのかな?)のトークが炸裂!この運転手さんのトークが面白い!

覚えているだけでもこんな話題が。

  • 由布院の歴史
  • ゆきちゃんのこと
  • 馬車のお値段
  • ゆきちゃんのお値段
  • スッポンの話
  • ジョーバーより馬の方が安い
  • 馬を飼おう
  • アニマルセラピー

運転手さんによって話題が違うと思います。上の話題に興味がある方は予約の時に是非ともゆきちゃん号に。

子供におすすめ

この辻馬車は特に小さい子供におすすめ!小さい子供だと運転手さんに抱っこしてもらいながら乗ったり、助手席に座らせてもらえます。

馬が走る様を間近に見られるので子供のテンションもあがるはず。是非とも小さいお子さんは辻馬車に乗せてあげてください。

料金

大人(中学生以上) 1,600円(1名)
子ども(4歳以上)  1,100円(1名)
注)2014.9現在。

4歳未満の子供は膝の上にお乗せて乗車可能。お席が必要な場合は、子供料金が適用となります。

料金はそれなりに高いんですが、それだけの価値はあるかなと。

4歳以下の子供はタダなので、お母さんと子供だけ乗って、お父さんは駅前の足湯で一休みなんてのもいいかもしれません。

由布院駅前の売店(駅を出てすぐ左斜め前に見える)では無料で足湯を使うことができます。

予約の仕方

こんな楽しい辻馬車ですが、当日駅に着いた後に乗ろうと思っても満席で・・・

前日の予約などは無理ですが、当日の朝から窓口、電話で予約が可能です。予約は電話より窓口が優先されます。どうしても予約がとりたいという方は朝に窓口へ!

予約の開始時間は季節によって多少違うので、HPを見るのが一番。現時点では3月~11月の期間は朝8:50より、12月~1月は朝9:00より受け付けとなっています。
予約電話番号:由布院温泉観光案内所
0977-84-2446

馬車は30分毎に運行してるので好きな時間を選べます。僕の個人的オススメは夏なら暑くなる前の朝一。それ以外の季節ならお昼前。太陽がある程度昇った方が山の緑が映えます。

乗 | ゆふいんを楽しむ | 由布院温泉観光協会(公式サイト)

我思う故に我あり

最後は駆け足で走るゆきちゃんの後ろ姿動画で!

こちらの記事もどうぞ!

洋灯舎(らんぷしゃ) 湯布院 金鱗湖をながめながら食事ができる!
上の杜(かんのもり) 湯布院 エステ!美味しい朝食!女子力高すぎる宿
カフェ・ラ・リューシュ 湯布院 金鱗湖の景色最高!湖畔で食べる贅沢な朝食
特急ゆふいんの森 湯布院行くなら絶対に乗りたい電車!予約必須!
BARステア 湯布院 旅先で味わうジントニックは一歩大人な味だった

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする