不真面目/真面目が1/1=1になるように

【日刊:男子家事】古来種野菜に感動 根っこが美味しいほうれん草

今日は新宿伊勢丹で買ってきたほうれん草の話を。

これが驚くほど濃くて、甘くて、うまかった。

 

☆LOVE SEED

今回のほうれん草ですが、旅する八百屋さんwarmerwarmerで買いました。

目印はこの「LOVE SEED」シール。

P1020769

種への愛を感じます。

旅する八百屋さんwarmerwarmerは古来種野菜(在来種と固定種を合わせた言葉)を取り扱っています。

warmerwarmer.net

 

古来種野菜は本来の自然の流れそって、成長して、種を作って、来年また植えるという方法で生き残ってきた種です。

一方、今市場に出ている種の多くがF1品種と呼ばれるものです。

丈夫で育てやすいという利点があるものの、一世代しかその特性を残せないそうです。

☆今回はこれ

今回買ってきたのはこちらの群馬県産のほうれん草。

P1020768 P1020766

 

P1020770

ちょっと葉物の摂取が不足しているので買ってみました。

店員さんに「蒸し料理にオススメの刃物はどれですか?」と聞いたらこちらの品が。

特徴的なのはこちらの根の部分。

P1020771

むっちゃ自己主張が激しい根です。

店員さん曰く「この根が美味しいんです!

(; ̄O ̄)マジかよ。

☆調理

今回は野菜のシンプルな味が味わいたかったのと、日持ちさせるために蒸し煮に。

店員さんオススメの根っこ切り落とし、葉っぱは適当な大きさに。

P1020774

鍋に少量のオリーブオイルを敷いて、日のとおりにくい根っこから投入。

P1020775

続いて茎、葉っぱの順で投入。

P1020776

塩を振って、そのあと2分ほど軽く蒸して完成。

P1020778

まだまだ材料が余ってたので、ビールの肴にベーコンと炒めてみました。

P1020781

 

☆根っこがマジで美味しい!!

待望の実食。

P1020779

葉っぱの部分は味が濃くて、今までに無い甘さ。

いつも食べてるほうれん草のお浸しなどは軽い苦味があったりします。

しかし、このほうれん草そういった苦味が全然なく。

そして、待望の根っこ。

 

店員さんは嘘をついてなかった。

この根っこが本当に美味しい。

甘い!甘い!甘い!

ひたすら甘味が美味しい。

なんだこれは。

根っこだけ10本セットとかで買いたい。

☆まとめ

ちょっと今回のほうれん草(ってか、根っこが)が衝撃的だったので、また「LOVE SEED」シールがついた野菜買いに行きます。

気になった人は是非、新宿伊勢丹へ。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA