年会費無料 エポスカード新規入会で8,000円

【日刊:グルメ】幸庵 ミシュラン3つ星を人生初体験! その3 #ミシュラン #幸庵 #藤沢

では昨日のつづき。

【日刊:グルメ】幸庵 ミシュラン3つ星を人生初体験! その1 #ミシュラン #幸庵 #藤沢 | Fu/真面目に生きる

【日刊:グルメ】幸庵 ミシュラン3つ星を人生初体験! その2 #ミシュラン #幸庵 #藤沢 | Fu/真面目に生きる

 

☆お造り

ヒラメのお造り つくね芋と山芋のとろろのせ 花わさび添え

P1020858

つくね芋は初めてだったが、調べてみたら長芋の一種らしい。

普通の山芋に比べて丸く、つくねの様な形なのでつくね芋と。

味は山芋に似てるが、粘り気が強い。

粘り気が少ないと盛った時にダラッと崩れてしまうが、こちらはふんわりと形を保っている。

粘り気が強い証拠だろう。

これに合わせる醤油がまた美味しかった。

長野県の小宮山醤油。

P1020859
天然醸造と国産原料にこだわって 味噌 醤油 米こうじ 醸造元

平成24年度全国醤油品評会で3度目の農林水産大臣賞を受賞した逸品。

醤油を舐めてるだけで美味しい。

しょっぱいわけでもなく、西方面の醤油の様に甘いわけでもなく。

ただ、ただ美味しい。

幸庵の料理長が醤油マニアらしく、その料理長が選んだ逸品。

どうも調べてみると一般には出回っていないらしい。

地元まで行けばあるいは・・・

誰か長野県佐久郡の人買ってきてください。

これをお造りの上からかけて、軽く混ぜて食べる。

つくね芋の粘り気が強いおかげでヒラメの身によく絡む。

一体になって味を運んでくれる。

器も趣があったので裏返してみたら「嵐山」の文字が。

P1020861

聞いてみたら尾形乾山がどうのこうのと。ここら辺はメモが曖昧だ。

尾形乾山の器なら無茶苦茶高いんじゃね?

P1020862

まだまだ続きます!

 

 

 

ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2014―RESTAURANTS & HOTELS
日本ミシュランタイヤ
売り上げランキング: 29,416