不真面目/真面目が1/1=1になるように

いつまでもデブと思うなよ 読んで思った著者が痩せた理由とリバウンドした理由1

本日はレコーディングダイエットで有名になった岡田斗司夫さんのいつまでもデブと思うなよ (新潮新書)を読んで。

レコーディングダイエットは食べたものやカロリーを毎回記録。自分の食習慣、カロリーを自覚・改善していくダイエット方法。
 
著者はこの方法を実践して117キロから67キロのダイエットに成功しました。しかし、6年後には90キロ近くまでリバウンドしてしまいました。
 
本を読んでいくなかで著者が痩せた理由と、リバウンドした理由がなんとなくわかりました。

太ってるには太ってるなりの理由がある

原因はおそらく、「無意識のうちに太る行動を避けていた」ということだ。ここ、重要だから注意して欲しい。
「なぜ記録するだけで10キロ落とせたのか?」がポイントではない。「太る行動を無意識に避けるだけでやせる」のである。
太っているのは、毎日まいにち「太り続けるための行動」を繰り返している成果なのだ。
本書の中で太ってる人は太ってるなりの理由かあると説明しています。
 
「水を飲んでも太る」
→塩分を摂りすぎているのに水を飲むから、体かむくむ。
 
「仕事柄、外食が多くなってしまって、食事が偏りやすいんです」
太っている人は、わざわざ、太りそうな店を選ぶ。ファーストフード、焼肉屋、ステーキハウス、トンカツ屋、中華料理店、フレンチ、イタリアン。
 
著者は試しにコンビニの棚の前で一番食べたいものを手にとってカロリーを見たら、その棚で一番カロリーが高い商品を選んでいて愕然としたそうです。
 
「デスクワークだから運動不足」
仕事内容、活動量に応じたカロリーを摂ればいい、ダイエットのメインは食事管理だ。
 
「接待が多いので、夜にビールをたくさん飲むことになりがちで」
ビールを飲んでも太らない。一緒に、脂っこい料理を次々と食べるから太る。
 
著者はお酒が飲めないそうですが、その分料理をモリモリと食べたので太ってしまったとのこと。
 
僕もたまの外食では揚げ物を好んで食べます。興味があればカロリーが高そうな菓子パンを食べます。お酒を飲む時は料理を食べながらでないと飲めません。
 
ようは頻度の問題だと思います。こんな風に考えてみてはどうでしょうか。
 a0002_001652
1から6までの数が入ったサイコロがあったとします。1万回振ったらたまに5や6の数字がでることもありますが平均値としては3.5になります。これが普通の人のサイコロ。
 
一方、4、4、5、5、6、6の数字のサイコロ。これが太ってる人のサイコロ。1万回振ったら平均値は5になります。
 
この平均値を体重と考えてみてください。太ってる人は常に大きい数字ばかり。太る行動を繰り返すのです。どうやったって痩せるはずがありません。
 
著者は記録をとる過程で自分が無意識に太る行動をしていることに気がつき、少しずつサイコロの数字を正常に近づけていったのです。
つづく

いつまでもデブと思うなよ 読んで思った著者が痩せた理由とリバウンドした理由2

いつまでもデブと思うなよ 読んで思った著者が痩せた理由とリバウンドした理由3

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5