不真面目/真面目が1/1=1になるように

「脂」じゃなくて「油」をとろう 荏胡麻油でオメガ3脂肪酸!

今日は三大栄養素の一つである資質の話。最近身体や栄養のことを再勉強しています。そんな中、最近オメガ3脂肪酸を摂取していなかったと気がつきました。

とるべき「油」と、とり過ぎ注意な「脂」

ダイエットというと脂質をカットしがちですが、脂質をカットしすぎると乾燥肌や髪の毛が痛んだり体が不調になっていきます。三大栄養素といってるくらいなんだからカットしすぎがいい訳ないんです。何でもかんでも脂質をカットするのではなく、撮るべき脂質を選んでいきましょ。

 
脂質の大部分をしめる脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。飽和脂肪酸は常温でも塊となっている「脂」、不飽和脂肪酸は常温では液体となっている「油」は考えるとわかりやすいかと思います。「脂」の方はとり過ぎに注意です。常温で塊になるだけあってなかなか体内から無くなってくれません。
 
さらに不飽和脂肪酸は種類によってオメガ3、6、9と別れます。

オメガ3

体内で合成されないため積極的にとりたい油。荏胡麻(エゴマ)油、しそ油、亜麻仁油、青魚、野菜に少量、胡麻やクルミなど

オメガ6

体内では合成されないが、現代人は過剰摂取気味なのだ積極的にとる必要はない。ごま油、ひまわり油、紅花油など

オメガ9

体内でも合成される油。過剰摂取気味だが融点が高いため料理用などに向いている。オリーブ油、キャノーラ油など
 
オメガ3の油は積極的に摂らないといけないのですが、難点なのは熱に弱いところ。荏胡麻油や亜麻仁油は熱する調理にはむかないのです。逆にオメガ9の油は熱に強いので調理油に向いています。
 

意識しないと忘れてしまうオメガ3

 調理油にむかないオメガ3の油は、意識的に摂取していかないと忘れがちになってしまいます。荏胡麻油や亜麻仁油はサラダ油を食べる際に使用したり、一週間に2回程度青魚を食べる習慣をつけたり。おやつにクルミを食べるなどの工夫を。
 
最近そんなことをすっかり忘れていたので荏胡麻油を買ってきました!買うまで荏胡麻って漢字を知りませんでした。(笑
 P1030503
オメガ3の油は酸化しやすく、日の光にも弱いので瓶が遮光瓶になっています。
100gあたり
オメガ3・・・60g
オメガ6・・・13g
オメガ9・・・14g
圧倒的にオメガ3の含有量が多いです。
P1030505
明日からは積極的に料理に一振りしたりして摂取していこうと思います。
 

我思う故に我あり

 ちなみにマーガリンは植物油なのに固形物になっています。これはトランス脂肪酸と言われ、通常の油に水素を添加したもの。自然界にはない油で体に様々な障害を引き起こします。
 
こういった脂質に関する知識は学生の時から身につけていたので、脂質を選んでカットすることなく摂取しています。体脂肪率一桁の僕が言うと、脂質はカットではなく選択が重要だというのが納得できるのでは?
亜麻仁油のことを知るにはこの本とかオススメです。
頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる! 結果が出る食事術 (講談社biz)
南 清貴
講談社
売り上げランキング: 15,326
紅花食品 亜麻仁一番搾り 170g
紅花食品
売り上げランキング: 253
紅花 荏胡麻油 170g

紅花 荏胡麻油 170g

posted with amazlet at 14.04.17
紅花食品
売り上げランキング: 2,755

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5