期間限定! 楽天カード入会利用で7,000P

『頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!』南 清貴 結果を出すために食事で気をつけるべきことが満載! その2

昨日につづいて南清貴さんの頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!から。
『頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!』南 清貴 結果を出すために食事で気をつけるべきことが満載! その1

 image-3

体にいいものを食べるメリット

著者は体にいいものを食べるメリットとして、次の11個をあげている。
 
1.朝、早く起きられるようになる
2.睡眠の質が良くなる
3.集中力がアップする
4.脳の働きが活発になる
5.精神が安定する
6.視力の低下、眼精疲労を防ぐことができる
7.直感力がアップする
8.ポジティブになれる
9.外見力がアップふる
10.ムリなく標準体重になる
11.すぐ行動に移せる体と思考が手に入る
意外だったのは6の視力の低下と眼精疲労を防ぐ点だ。
 
僕の視力は裸眼で1.5程度。たまにかけているメガネはほぼ伊達眼鏡だ。これが普段気にしている脂のせいかはわからないが、確かに目にはよさそう。
 
ただし、睡眠の質による二次的な効果も大きい気がする。よく眠れるから目の負担がすくないと。
 
ちなみに目のトレーニングには、『2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング』 (王様文庫)に書かれている運動がおすすめだ。どこにいても、いつでもできる。
 

亜麻仁油は脳にいい

脳というと、模型でよく見るような薄いピンク色のグニュグニュした物体や思い浮かべるかもしれません。実は脳というのは、いわば油のかたまりなのです。
 
その油の内訳は、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がおおよそ「一対一」の比率といわれています。要するに、脳を構成するベースは必須脂肪酸なのです。
脳が脂でできているという考え方はなかった。著者はエネルギーとなるブドウ糖だけでは脳を動かすことは不十分だと述べている。脳を効率よく働かせるためには脂肪酸が必要だと。やはりオメガ3の油は積極的に摂取する必要があるなと実感した。
 

食事中は水を飲まない

食事中や食後は、かぶがぶと水を飲むのは控えましょう。
 
その理由は、胃の中の消化液が薄まり、消化能力が落ちてしまうからです。
 
いちばんやってはいけないのは、食事中後に牛乳を飲むことです。
食事中の水分摂取に関しては気をつけておこなっている。味噌汁はどうなんだろうと思いながら…
 
気にし出したのはこちらのほんのおかげ。この本の中でも食事前後の水分の取り方について書かれている。この本に10年前に出会って無ければ、今の僕の体型は維持できなかっただろう。この本の紹介は後日日を改めて。

食事中に水ではなくお茶を飲む人も多いのではないか。ただ、食事中の水分がそんなに必要だろうか?特に意味もなく習慣で飲んでるケースが多いのではないか。
 
水分を摂ることによってえられるメリットが大きいならやめることは困難だろう。ただ、意味もなく習慣で飲んでるだけなら一度やめてみてはどうだろうか。
 
つづく