不真面目/真面目が1/1=1になるように

【日刊:男の家事】クイックルワイパーからの改宗

昨日のブログにも書きましたが、僕も昔はクイックルワイパー派でした。

スポンサーリンク

しかし、クイックルワイパーだと髪の毛がちゃんととれなかったり、一回一回シートの交換がめんどくさかったり。
コロコロを使えばゴミは取れるのですが、これまたコロコロではカーペットや隙間の掃除ができなくて。
そんなんでたどり着いたのが、マキタのハンディクリーナー。

彼に出会ってクイックルワイパー教から、ハンディクリーナー教に改宗しました。
彼の長所は
1)コードレスで使いたい時にパッと使える
電源コード付きの掃除機と違って、ゴミに気がついた時にパッと使えて、サッとしまえます。手軽さはクイックルワイパーやコロコロと同程度です。
P1020342
2)サイクロン掃除機みたいに場所をとらない。フックに引っ掛けて収納できる
多分、掃除機を使わない人は場所をとることを嫌がってると思うんですよ。僕もそうでした。でも、このタイプならフックに引っ掛けられて、ほとんど場所をとりません。それこそクイックルワイパー等と同程度のスペースでOK。
P1020344
image
3)電動工具会社製なのでパワフル
この掃除機を作ってる会社はマキタという電動工具の会社です。電動工具会社のバッテリーを使ってるだけあって、コードレスの掃除機にしてはパワフルです。
4)バッテリーが取り外せるので、充電が簡単
バッテリーが外付け式なので、充電する時はバッテリーだけを外して充電できます。また、バッテリーは他の電動工具と共用できます。こんな電動工具に利用できます。
(まあ、そうそう電動工具なんて買う人いなと思うけど)
image
image
5)紙パック不要。ねじってフィルターのゴミを捨てるだけ
紙パックが不要なので、ランニングコストを低く抑えられます。ひねって中のゴミを捨てるだけ。
※バッテリー内蔵式、紙パック使用のもあるようです。上位機種はバッテリーが大きくよりパワフルなもよう。
ノズルを外して、小型にもできるので車の中の掃除にも重宝するかと思います。
(僕は車乗らないので、憶測ですが)
image
そんなこんなでクイックルワイパー教の皆様は、是非ハンディクリーナー教への改宗をご検討ください。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間32万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5