不真面目/真面目が1/1=1になるように

【日刊:男の家事】女子高生のクリンちゃん

先日注文しておいた商品が届きました。

 

スポンサーリンク


グラス拭き用トレシー 1枚

 
(若干アマゾンの画像と届いたものが違うのですが、まあ気にしない方向で)
image_2
玄人はだし
image_3
プロのバーテンダーも絶賛
(素人のバーテンダーっているのかな?)
image_1
ケバを残さずに食器のくもり(油膜)を取り、
 
 
などなど魅惑的な言葉が並んでおります。
 
特徴としては、従来の繊維より微細な繊維を使うことで
磨き残りが無いようにしているようです。
 
従来の繊維径  約15ミクロン
トレシーの繊維径 約2ミクロン
 
繊維径を小さくすることで、磨き残しがあっても次々と
他の繊維が拭き取っていくそうです。
 
さらに洗濯をすることで磨き上げ性能が回復するので、
繰り返し使えるとのこと。
 
早速使ってみようと思ったのですが、注意書きに
「購入直後は滑りが悪くなることがあります。一度水洗い
(フロスをほぐして)、乾燥させてからご使用ください」
とのこと。今日は水荒いだけして明日使ってみます。
 
 
とまあ、真面目に紹介したんですが個人的に本題はこれから。
 
パッケージに見慣れないマークがありました。
 
image
安心のSEKオレンジマーク
 
疑問に思ったので調べてみると、SEKマークは「社団法人繊維評価技術協議会」が
認証するマークで、制菌加工や抗菌防臭加工に関するマークだそうです。
 
その中でもオレンジは一般用途の制菌加工の目安だそうです。
 
ってことで、今回買ったトレシーも制菌加工がされているようです。
 
そんなこんなでSEKのことを調べていくと、社団法人繊維評価技術協議会のHPで
主題の件に関わるものを発見。
 
SEKマークについて女子高生のクリンちゃんが紹介してくれるそうです。
(画像の転載禁止らしいので、興味がある人はクリックしてとんでください)
 
別にやらしい要素はないのですが、わざわざ萌え要素をもってくるあたりが最近の流れだなと思いました。
 
多分、会議の時に
 
上司「どうやったらSEKマークの認知度があがるだろうか」
 
部下「萌え要素入れましょうよ!」
 
上司「採用!」
 
みたいな会話がされたんでしょうね。
 
うちの会社の機械も萌えイラスト描けば売れるかな・・・
 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間32万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5