不真面目/真面目が1/1=1になるように

【日刊:男の家事】あっちこっちさん 対 トレシー②

先日、牛乳を飲んだ後、あっちこっちさんとトレシーを使ってみた。

 

スポンサーリンク

しかし、バカラのグラスが分厚いせいか、自分の写真の腕が悪いせいかどうも違いを上手く表現できない。

P1020378

 

 

確かに実物を見ると、多少ではあるがトレシー、あっちこっちさんで磨いたものの方が、グラスの輝きが違う。

 

しかし、写真で表現できない。これでは全然レポートにならない・・・

 

どうしよう・・・

 

☆ワイングラスで試す

バカラのグラスが分厚いせいかもと思い、ワイングラスで試してみた。

P1020380

友人の結婚式でもらったワイングラス。足が無いタイプで珍しい。

 

たまに使っているのだが、表面が少々白くなってきている。

 

実験のためだけにワインを購入した。最近はコンビニでも一人用サイズが売っていて、重宝する。

 

飲み終わった後、待望の実験。

 

☆あっちこっちさんと、トレシー

 

まず始めにあっちこっちさんで拭いてみた。

確かに、いつもの布巾よりグラスの透明度が増す!しかし、ケバが残る。これはちょっと残念。

(写真とり忘れました)

 

次に同じグラス再度濡らして、トレシーを試す。

 

おっ?おっ!

ケバが残らない上に、あっちこっちさんより透明度が良い気がする。

P1020398 

これはトレシーの勝ちか!

 

ちなみに下は

普通の布巾で拭いてあったグラス

 P1020402

 

闇夜をバックに撮影すると、多少透明度が表現できた。

拡大してもらうと、透明度が違うのがわかるかと。

(まあ、それでも若干しか表現できたないが)

 

☆あっちこっちさんはみんなの味方

あっちこっちさんファンとしては少々残念な結果になり、意気消沈してしまった。

 

しかし、僕らのあっちこっちさん。このままでは終わらなかった。

 

あっちこっちさんは食器拭きとしては絶大なる力を発揮したのだ。

 

食器を拭くと、水を吸う吸う。さらに全然びちゃびちゃにならない。

 

主夫主婦の皆さんはわかるだろうが、食器は洗った後にちゃんと拭かないと意外と乾かない。

 

そのため、吸水性が悪い布巾を使うと手間がかかる。

 

でも、あっちこっちさんの食器拭きは吸水性を損なうことなく最後まで拭けるのだ。

 

☆パッケージをよく見てみた

 

改めてパッケージを見比べてみた

 写真 2

あっちこっちさん・・・食器・グラス拭き

 写真 1

トレシー・・・グラス、カトラリー、漆器の磨き上げに

 

 

つまりあっちこっちさんは嘘をついて無かったのだ。

あっちこっちさんは食器拭きでこそ真価を発揮するのだ。

 

☆結論

1)グラスを磨き上げるならトレシー

2)食器拭きならあっちこっちさん

 

正直当初の「グラスを綺麗に磨く」からの主旨からは外れるが、あっちこっちさんの出会いの方が収穫があった。

 

それはグラスを磨く頻度より、食器を拭く方が多いからだ。

 

この出会いに感謝。

 

ってか、ますますあっちこっちさんの魅力にハマっていく。

これは恋だろうか。

あっちこっちさんは主婦だろうから、これは禁断の恋だな・・・

製品の詳細に関しては、メーカーのサイトにのっています。購入を考えている方は参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5