不真面目/真面目が1/1=1になるように

海外旅行保険に加入・口コミを調べる前にオススメのクレジットカード4選 (自動付帯、独身者・子供がいない家庭向け)

海外旅行に行くなら旅行保険の加入は必須です。

数日間くらいなら大丈夫だと思うかもしれませんが、何かあってから悔やんでも遅いですよ。海外で病院に行くと、日本では考えられないような金額を請求されます。

とはいえ、お金を払って海外旅行保険に入るのは、なんだかもったいないなと思いますよね。

安心してください。わざわざお金を払って海外旅行保険に加入しなくても、無料で海外旅行保険を受ける方法があるんです。

スポンサーリンク

海外旅行保険に加入・口コミを調べる前に、クレジットカードの付帯保険を検討してみよう

海外旅行に行く前に旅行保険の口コミを調べたり、あわてて加入していませんか?

心配な気持ちはわかるんですが、ちょっと待ってください。

クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているって知っていますか? しっかりとクレジットカードを選べば、お金を払って海外旅行保険には加入しなくても大丈夫ですよ!

18歳以下のお子さんがいる家庭に関しては、別記事で紹介している記事がオススメです。家族特約がついているクレジットカードを紹介しています。

海外旅行保険に加入するのにいくらかかる?

そもそも海外旅行保険にいくらくらいかかるのか。なかなか契約する機会がないので、相場がわかりませんよね。

大雑把な金額ですが、アジアで1週間旅行した場合3,000〜7,000円くらいかかります。保険内容によりますが、かなり痛い出費……。

もちろん日数が長くなればもっと高くなります。人数が増えれば、その分ドンドン保険料が増えていきますよ。

広告

海外での治療費はいくら? 保険はどのくらい必要?

海外の病院は治療費が高いと聞きますが、いくらくらいになるかわかりますか?

症状にもよりますが、アジア諸国なら治療費として300〜500万程度が必要。(風邪、腹痛などであれば高くても数万円程度)

実は300〜500万程度治療費なら、クレジットカードに付帯する保険でカバーできるんですよ。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社のHPで調べてみると、500万円を超すケースも見受けられます。しかし、高額事例のほとんどが脳梗塞、心筋梗塞などにより長期入院です。

そのため、高齢者の方、過去に疾患があった方は保険会社の旅行保険をオススメします。逆に言えば、普通の方はクレジットカードに付帯する保険で十分なんです。

クレジットカード選ぶときのポイントは?

じゃあ、海外旅行保険が付いてくるクレジットカードならなんでもいいのか。

実はそういうわけではありません。クレジットカードを選ぶポイントがあるんです。ポイントは次の3つ。

  1. 「自動付帯」で海外旅行保険が適用されるか
  2. 「キャッシュレス診療」ができるか
  3. 保障される「治療費用」が高額か

「自動付帯」で海外旅行保険が適用される

クレジットカードを選ぶポイントひとつ目は、「自動付帯」で海外旅行保険が適用されるかです。

クレジットカードの旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

「自動付帯」はその名の通り、クレジットカードを持っているだけで自動的に旅行保険が適用されるんですよ。

でも、「利用付帯」のクレジットカードは保険が適用されるのに条件が必要。旅行前、旅行中に公共交通乗用具(タクシー、電車、飛行機など)の支払いでクレジットカードを使用しないといけないんです。

ぶっちゃけ、「利用付帯」のクレジットカードはめんどくさいんですよ。旅行中にタクシーや電車に乗るかわからないし、乗ったとしてもクレジットカードが使えるかわかりません。飛行機みたいな高額の支払いは、還元率の高いクレジットカードで支払いたいですよね。

ということで、絶対「自動付帯」のクレジットカードを選ぶべきなんです。

「キャッシュレス診療」ができる

クレジットカードを選ぶポイント二つ目は、「キャッシュレス診療」ができるかです。

海外で病院に行き、「治療費に100万円かかります。払わないと治療しません」なんて言われたら困ってしまいますよね。

病院だって慈善事業ではないので、お金がない人の治療はできません。いくら旅行保険に加入していても、その場で支払う現金をもってないと、治療を受けられない可能性があるんですよ。

そうならないために、海外旅行保険は「キャッシュレス診療」ができるものを選びましょう。

「キャッシュレス診療」はかんたんに説明すると、海外の病院に行ったときに保険会社が直接病院に支払ってくれるサービスです。保険会社が直接支払ってくれるので、自分で立て替える必要がありません。(ただし、提携先の病院のみになります。提携先の病院以外だと一時的に立て替える必要あり)

とういことで、絶対「キャッシュレス診療」が使えるクレジットカードを選びましょう。

保障される「治療費用」が高額である

クレジットカードを選ぶポイント三つ目は、保障される「治療費用」が高額かです。

海外旅行保険の保障事項は主に5つ。

  1. 傷害死亡・後遺障害
  2. 傷害・疾病治療費用
  3. 賠償責任
  4. 救援者費用
  5. 携行品損害

このうち最も重要なのは2番目の「傷害・疾病治療費用」。この金額によって病院に行ったときに保障される金額が決まってきます。高ければ高いほど安心して病院に行けるんですよ。

具体的数字でいうと、200万円以上が理想ですね。たまに「傷害・疾病治療費用」の保障額が50万円くらいのクレジットカードがあるんですが、これだけだとちょっと不安です。

ということで、クレジットカードを選ぶときに保障される「治療費用」に注目してください。200万円以上が理想です。

保障額は複数のクレジットカードで合算できる

前の方でアジア諸国の旅行には、治療費として300〜500万程度が必要と書きました。一方で、クレジットカードで保障される「傷害・疾病治療費用」は200万円以上が理想と紹介しています。

これだと矛盾しているように思いませんか? クレジットカードだけでは治療費をカバーできていませんよね。

でも安心してください。保障額は複数のクレジットカードで合算できるんですよ。(「傷害死亡・後遺障害」は合算できない)

つまり、一枚のカードでは保障額が不足してしまいますが、クレジットカードを複数枚持つことで保障額を上げることができるんですよ!

海外旅行にオススメのクレジットカード4選(独身者・子供なし)

今までの説明を踏まえ、オススメのクレジットカードを4枚選びました。この中から2〜3枚保有することで十分な保障が得られます。

ただし、ここで紹介するカードは家族保障が付いてきません。独身者・子供(未成年)がいない家庭向けの紹介になります。

配偶者と二人のご家庭は自分、配偶者がクレジットカードを契約することで保障を受けられます。未成年者はクレジットカードが契約できないので、別の方法をオススメします。

オススメのクレジットカードは次の4つのポイントで選びました。

  1. 年会費が無料。もしくは安い
  2. 「自動付帯」で海外旅行保険が適用される
  3. 「キャッシュレス診療」ができる
  4. 保障される「治療費用」が高額である(200万以上)

エボスカード

エポスカード
特徴
最優先で持つべきカード。年会費が無料なのに傷害治療費が200万円、疾病治療費が270万円保障される。全国マルイ、飲食店、映画館、カラオケなどで優待あり。申し込み後、最多即日受取が可能。
年会費無料
自動付帯
キャッシュレス診断
傷害死亡
後遺障害
500万
傷害治療200万
疾病治療270万
賠償責任2000万
携行品損害20万
救援者費用100万
保険会社三井住友海上
カード会社Visa

エポスカードの公式ページを見てみる

ジャックス 横浜インビテーションカード

ジャックス 横浜インビテーションカード
特徴
年会費無料で傷害治療・疾病治療費用が200万円まで保障される。横浜インビテーションカードという名前だが、横浜に住んでいなくても契約可能。全国23万以上の施設で優待あり。
年会費無料
自動付帯
キャッシュレス診断
傷害死亡
後遺障害
2,000万
傷害治療200万
疾病治療200万
賠償責任2,000万
携行品損害20万
救援者費用200万
保険会社三井住友海上
カード会社Visa、JCB

横浜インビテーションカードの公式ページを見てみる

REXカード

REXカード
特徴
年会費無料で傷害治療・疾病治療費用が200万円まで保障される。国内買い物時、ポイントの還元率が高い(1.25%)
年会費無料
自動付帯
キャッシュレス診断
傷害死亡
後遺障害
2,000万
傷害治療200万
疾病治療200万
賠償責任2,000万
携行品損害20万
救援者費用200万
保険会社三井住友海上
カード会社Visa

REXカードの公式ページを見てみる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンブルー·アメリカン·エキスプレスカード
特徴
初年度年会費無料。治療費300万円と高額。空港からの手荷物無料宅配サービスあり。ネットで申し込めば最短即日発行可能。
年会費 3,000円
(初年度無料)
自動付帯
キャッシュレス診断
傷害死亡
後遺障害
3,000万
傷害治療300万
疾病治療300万
賠償責任3,000万
携行品損害30万
救援者費用200万
保険会社損保ジャパン
カード会社アメックス

セゾンブルー·アメリカン·エキスプレスカードの公式ページを見てみる

比較表

オススメカードを比較表にまとめました。

カード名エポス横浜インビテーションREXセゾンブルー·アメックス
年会費無料無料無料 3,000円
(初年度無料)
自動付帯
キャッシュレス診断
傷害死亡
後遺障害
500万2,000万2,000万3,000万
傷害治療200万200万200万300万
疾病治療270万200万200万300万
賠償責任2,000万2,000万2,000万3,000万
携行品損害20万20万20万30万
救援者費用100万200万200万200万
保険会社三井住友海上三井住友海上三井住友海上損保ジャパン
カード会社VisaVisa、JCBVisaアメックス

【まとめ】海外旅行保険のかわりに持つべきクレジットカード

この記事のまとめです。

  • アジアで1週間旅行する場合、海外旅行保険は1人につき3,000〜7,000円かかる
  • アジア諸国であれば治療費の保障額として300〜500万円必要
  • 特定のクレジットカードを複数枚(2、3枚)持つことで、コストをかけずに十分な保障が受けられる
  • クレジットカードを選ぶ時は「自動付帯」、「キャッシュレス診断」、「治療費の保障が200万円以上」のものにする

1番のオススメはエポスカード

4つのカードを紹介しましたしたが、まずはエポスカードがオススメです。年会費無料で、これだけ海外旅行保険が充実しているクレジットカードはありませんよ。

※10/10日までに申し込みをすると、最大8,000ポイントもらえるキャンペーン中です。

エポスカードの公式ページを見てみる

2枚目に持つべきカード

エポスカードに加え、セゾンブルー·アメリカン·エキスプレスカードも持っておきましょう。

この2枚があれば障害治療費、疾病治療費の保障が500万以上になります。

セゾンブルー·アメリカン·エキスプレスカードは3,000円の年会費がかかりますが、空港から自宅まで荷物宅配をしてくれるなどの便利なサービスあり。初年度は年会費無料なので、まずは試してみるといいでしょう。

エポスカードの公式ページを見てみる

セゾンブルー·アメリカン·エキスプレスカードの公式ページを見てみる

どうしも年会費を抑えたい場合はエポスカードに加え、横浜インビテーションカードの組み合わせがオススメです。この2つで障害治療費、疾病治療費の保障が400万以上になります。よっぽど大きなケガ・病気でないかぎりこの2枚で十分にカバー。

エポスカードの公式ページを見てみる

横浜インビテーションカードの公式ページを見てみる

我思う故に我あり

一回の海外旅行だと節約効果が薄いですが、今後も海外旅行に行くなら忘れずに登録しておくといいですよ。

年会費無料のカードなら、もっていて損はないですからね。

楽天カードに登録すればもれなくポイントがもらえ、ストウブを安く購入できますよ!

・ストウブを一番安く買う方法【楽天カード入会特典ポイントを利用】

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で

スポンサーリンク

おすすめ記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間40万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5