トップ画像

不真面目/真面目が1/1=1になるように

高はし 名物の穴子丼が柔らかい!築地市場で美味しい朝食を食べてきました!

スポンサーリンク

本日5月1日はメイデーで会社は休み。せっかくの平日休みなので、朝から築地に行ってみした!朝から築地。テンションたかまる!

さすが築地。平日の休みとはいえ朝から観光客が多い。中国人、韓国人だと思われるグループが多数。昔は欧米人が多かったが、最近はどこに行ってもアジア系が多いなと感じる。

人気寿司店の寿司大は平日の朝からこれだけの混雑ぶり。すごい…

寿司やフライ物で迷ったが、本日は煮魚で有名な高はしへ。

  関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 築地市場駅築地駅東銀座駅  

この記事の目次

高はし

外観はこんな感じ。築地場内は昔からの店が多いので、お世辞にも綺麗とは言えない。それでもこういうお店に来ると「何か美味しいものが食べられそう!」とテンションがあがる。

店内は撮影禁止ということで写真は外観のみ。このお店は煮魚が有名でキンキ、ノドグロ、メヌケ、ナメタガレイ の4種は煮魚四天王と呼ばれているらしい。 煮魚四天王は煮魚単品で3000円を超える。ちょっと高価すぎて今回はパスしてしまった。次回の楽しみにとっておこう。かわりに今回注文したのは名物の穴子丼。

名物穴子丼

本日の小鉢は里芋と切り干し大根の煮物。少し甘目だが、味付けが上品で美味しい。  

味噌汁は少し味が濃いがいい出汁が出てる。少し甘目の味噌が食欲をさそう。築地のお店は味噌汁が美味しいお店が多い。やはり出汁の材料が豊富なせいだろう。 そして待望の穴子丼。真ん中にはけっこう豪快にわさびが。

 

食べてみた感想としては穴子が今まで食べたことがないくらいにフワッとしている。穴子といえば鰻に比べて身が硬い印象だが、ここの穴子は箸でもつと崩れそうなくらい柔らかい。味付けも甘さ控えめであっさり食べられる。 

我思う故に我あり

穴子丼には更に上位のスーパー穴子丼があったらしいが、現在はやってないとこと。穴子の値段が上がりすぎて商品として提供しにくいらしい。現在2,000円の穴子丼も以前は1,500円以下だったようだ。 穴子丼はご飯の量に対して穴子が少なく感じる。そこだけが唯一残念な点。食べていると少しご飯が余ってしまう。 よし、今度は豪勢に煮魚をたべよう!

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 築地市場駅築地駅東銀座駅

9/2までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏のセールを開催中。テーマパーク、ツアーの料金が最大10%オフになります。【シンガポール・バリ・マレーシア・タイ・韓国・香港・ヨーロッパ】

Voyaginの夏セールを見てみる

この記事が気に入ったら 「いいね !」 お願いします!
これからも役立つ情報をお届けします。

Twitter で
関連記事


関連記事
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
当ブログ『Fu/真面目に生きる』(ふまじめにいきる)を運営している穴吹英雄(ブッキー)です。東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職。調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!初訪問の方へ:最初に読んで欲しい5記事。毎月のべ50万人以上に愛読されるているブログです。詳しいプロフィールはこちら。当ブログではスポンサー、純広告を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。LINE@、ツイッターも運営。LINE@ではお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加

follow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください