不真面目/真面目が1/1=1になるように

こうしておけばよかったな〜ファスティング!準備期を振り返って

gf01a201501200200.jpg

ファスティングが終わって一週間ほどたちました。ぼちぼち反省も含めて注意点を振り返ってみようかと思います。ファスティングのやり方はネットで調べると一杯でてきます。一般的な部分はそれを見て補ってください。

僕は実体験をもとに、「こうしたらいいよ」って部分を書こうかと思います。これからファスティングする予定の人は是非参考にしてみてください。今日はファスティング前の準備期から書いてみようかと思います。
Gf01a201501200200

広告


絶対必要なものを買っておこう

ファスティングをするために必要になってくるものがあります。直前になって慌てないように事前に準備しておきましょう。

  • 酵素ジュース

酵素ジュース

半日断食以外であれば酵素ジュースは必須です。また、酵素ジュースの質がファスティングの成果を左右します。安いからといってただ甘いだけの酵素ジュースを選ばないようにしましょう。(まあ、どれがちゃんとした酵素ジュースかはなかなか見分けが付かないですが)

ちなみに僕が選んだのはこちらのマナ酵素。ちょっと高いかもしれませんが、これだけで何日もファスティング出来そうなくらい。それだけ胃に負担をかけずに栄養を補給出来てるのかなと。自分の経験的にはとてもおすすめできます。

あるといいもの知っておこう

続いてあるといいものです。余裕があれば用意しておきましょう。

  • 玄米
  • 水筒
  • ジューサー
  • フードコンテナ

玄米

準備期に玄米を食べたり、復食では玄米のお粥などが推奨されてます。作ったことがない人は事前に試しに作ってみるとよいかと。(僕はあまり経験なかったので、今回は使いませんでした。)

レトルトの玄米食品とかもありますが、何が入っているかわかりません。酸化防止剤なんかが入っていると復食期にはむかないと思います。

水筒

続いて水筒。ファスティング期は水分を多目にとることが推奨されています。僕が試した方法では一日2リットル以上飲む必要がありました。また、酵素ジュースによっては水で割った方が飲みやすくなります。(知り合いは炭酸水が美味しいと言ってました)

ペットボトルでもいいですが、外出先では水筒があると何かと便利です。冷たい水は胃に負担がかかるので避けましょう。買ったばかりのペットボトルはすぐ飲むのはおすすめできません。マジで胃が痛くなります。こういうウォーターボトルなんかいいんじゃないかなと。

ジューサー

準備期や復食期の朝食はお粥やスムージーになります。スムージーはお店でも見かけますが、甘味を出すために砂糖を使っているところが多いです。せっかくだから自分で作るのをおすすめします。

ファスティング以外でも普段や休日の朝食に使えば胃の負担を減らすことができます。何より自分で作るスムージーはお店のものより美味しいです。暖かくなってきたら日の出とともにベランダで一杯。もちろん腰に手を当てて。うん。健康そう。

フードコンテナ

ファスティング中に「これをもっていれば・・・」と後悔しまくったのがフードコンテナー。何に使うんだとと思うかもしれませんが、復食期に大活躍します。復食期はお粥がメインになるので外食が難しくて・・・フードコンテナさえあれば外でもお粥を食べることができます。

復食期と出社日がかぶる人は絶対におすすめです。そして、普通のお弁当にも大活躍すること間違いなし。僕はファスティング後に購入して、もうフードコンテナにハマりまくりです。

前日の食事は20時まで終わらせる工夫

ファスティング前日の食事は20時までに終えるのが良いとされています。夜遅すぎると次の日の朝まで食べ物が胃に残り、ファスティング状態に以降できないからです。翌朝には胃の中が空になっているよう、食事は20時までに終わらせましょう。

そのためには事前に用意しておくのが重要です。おかずを作り置きしておくでもいいし、あらかじめお弁当を作っておくでもいいと思います。僕は急な残業が入ってしまい、結局食事を終えたのは21:30頃でした。おにぎりでももっていっておけば良かったなと後悔しています。

広告

我思う故に我あり

偉そうなこと書いてますが、自分が出来なかったこと、後悔したことが一杯です。未来の自分のためにもちゃんと記しておくってのはいいですね。

そのうち書くかもしれない記事

今俺の中でフードコンテナがあつい!
気になる人は是非Feedlyの登録を!

follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする