不真面目/真面目が1/1=1になるように

生まれて初めての登壇は、とても甘美で興奮する体験だった

10830895_882293591790712_9040874939809122347_o.jpg

「登壇ってなんか響きだけでかっこいいよね」

先日、あるセミナーでブロガーとして登壇してきました。普通に生きてて「登壇」する機会ってなかなかないですよね。

もうね。自慢したいね。子供がいたら「父さん登壇したんだよ」なんて寒いギャグ言ってみたいね。それくらい浮かれてます。
10830895 882293591790712 9040874939809122347 o

広告

初めての登壇

初登壇の舞台となったのは、プロブロガー立花岳志さんが主催するセミナーでした。

ブログ入門セミナー

今回開催されたのは、その名も「プロが教える 始めよう!楽しもう! ブログ 入門 & 再チャレンジ スタートアップ セミナー」

タイトルが全てを語っています。このセミナーではブログ初心者、もしくはやったことはあるけどやめてしまった人。そんな人に向けて、ブログの面白さと続けるコツなどを伝えるセミナーです。

東京「プロが教える 始めよう!楽しもう! ブログ 入門 & 再チャレンジ スタートアップ セミナー」 大熱気で開催しました!皆さまご参加ありがとうございました!! | No Second Life

ヤムチャ的な

そんな場に僕が呼ばれた理由は「ブログを楽しんでるちょっと先輩」枠。

入門編の方々にいきなり立花さんを目指せと言われてもちょっと厳しい。もうちょい現実的に届きそうなブロガーとして呼ばれました。

ほら、ドラゴンボールでもいきなり悟空に勝てとか言われても無理じゃないですか。でもヤムチャあたりなら、なんだかいけそうな気がしますよね。

この絶妙なポジションが、今回登壇という大役をゲットしました。

こんなこと発表した!

そして登壇でお伝えしたのは3つのことです。

テーマとか後から考えてもいい

まずは、ブログのテーマなんて後から考えればいいじゃないかということ。

一般的にブログはテーマを一つに絞った方が人気が出やすくなると言われています。あれもこれもと書くよりは、「これだ!」と絞った方がそのブログのカラーが出るんです。

しかし、そんなテーマが見つかる人なんて断然少数なんです。ほとんどの人が「テーマを一個に絞れって言われても・・・」となっちゃいます。

広告

そして、ブログを書かなくなってしまいます。

もう、そんな風になるくらいならテーマなんて難しいこと考えないで!とりあえずなんでもいいから書き出しちゃえ!

そんなことを伝えてきました。僕なんて「かき氷」からはじまって「宝くじ」とか、「乾物」とか節操がないにもほどがあります。

それでもだんだんと食べ物とか健康系の記事が多くなっていきます。多分、とりあえずなんでも書いていれば、自ずと自分が好きなものとか見えてくるんですよ。

とりあえず書き続けて

次に伝えたかったのは諦めないで続けること。

ブログでは最初の目標として1万PVを超えることがあります。僕はこの壁を超えるのに一年くらいかかりました。それが去年の夏。

それまでは本当苦しかった。書いてもPVは伸びず。それでもあきらめないで書き続けて、やっと一年後に成果が出てきました。

だから、みんなもあきらめないで書き続けようと伝えてきました。

そして、かき氷の記事ばかり書いていれば夏に1万PV越えられるとも伝えてきました。

僕はこんな風に変わりました

そして3つ目。ブログを書き続けることで僕がどんな風に変わったかを伝えてきました。

簡単に言うと次の3つ。

ネタを探すためにむっちゃ行動して、学んで、色んな人達との出会いがあって。結果的に人生が楽しくなった。楽しくならないわけがない。

好きなことをしてブログを書いてると勝手に周りがブランディングしてくれる。脱・普通の人。

ブログを通じて色んな人に影響を与えることができる。すげえワクワクしない?

我思う故に我あり

発表用のスライドを作っていたら結構自分でも気づきがありました。意外に自分のことを振り替える機会とかないんですよね。それがブログならなおさら。

自分のがんばりを振り返っていたらなんだか誇らしい気持ちになりました。「俺、まだまだヤムチャだけど、けっこうやるやん。もうちょい頑張って天津飯目指そう!」と決意を新たにしました。

全然関係ないですが、今回は緊張もせず楽しく話すことができました。理由は主婦の方々が多かったおかげかと。「乾物」とか「ストウブ」とかの記事を書きまくっていたせいで、最近は主婦の皆様と話が合う合う。自然体で登壇することができました。

そのうち書くかもしれない記事

乾物男子 対 主婦
気になる人は是非Feedlyの登録を!

follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする