不真面目/真面目が1/1=1になるように

発芽豆の観察日記 夏休みの自由研究に朝顔以外を観察してみよう

slooProImg_20140801235743.jpg

夏休みの宿題といえば朝顔の観察日記ですよね。

小学生の時には毎日朝起きては水をあげていた記憶があります。でも、これが結構大変なんですよね。

家族旅行で留守にしては枯らしてしまい。朝に水をあげるのを忘れては枯らしてしまい。(午後の熱い時期に水をあげると、気温で水の温度があがりすぎてしまいます。)

枯らしてしまったアサガオは取り返しがつきません。

そこで提案です。手間がかかるアサガオなんて育てずに、発芽豆の観察日記にしましょう!発芽豆の観察日記の特徴は早い!安い!旨い!
P1050517

広告


3日もあれば観察できる!

発芽豆の観察の一番良いところは成長が早く、観察結果が早く書けることです。

朝顔は種を植えて、芽が出て、葉が出てとイベントは多いのですが最終的に花か咲くまで時間かかかります。時間がかかるということは枯れる可能性があるということ。

一方、発芽豆の観察日記は長くても3日程で発芽して観察できます。自由研究が3日で終わるなんてむちゃくちゃ楽じゃないですか?

お金もあまりかからない!

発芽豆の観察にはそれほどお金がかかりません。必要なものは下記。

  • ボウル(器)
  • ザル
  • 布巾

こんなもんです。豆以外はほとんどの家庭で家にある物ですよね。豆も1,000円もかからず購入できるので、出費はほとんどありません。

観察が終わったら食べられる!

発芽豆は観察が終わった調理して食べることができます。というか、食べるために発芽させます。発芽した豆の味を濃さを知ってしまったら、今までの豆料理に戻れないくらいです。子供も喜んで豆を食べてくれるはずです。夏休みの自由研究をしながら、子供の食育もできるなんて一石二鳥ですよね!

さらにこの発芽豆がビールに良く合うんです。宿題をやりながら、お父さんの晩酌のツマミも出来てしまうという。

また、家庭科の宿題として「夏休み中に料理を一品作る」っていうのはないですか?(僕の時はありました)もしあればこの宿題も一緒に終わらせてしまいましょう。

我思う故に我あり

発芽豆の作り方と味を知った時にはかなり大人の僕でも衝撃をうけました。99%の確率で豆を発芽させたことがある先生はいないはずです。

さらにベテランの先生でも発芽豆の観察日記なんてお目にかかったことはないはず。

以前の記事で発芽の方法は書きましたが、次回の記事で改めて発芽の様子を書いていきます。

広告

こんな自由研究もいかがですか

・主婦のみなさん。干し野菜で夏休みの自由研究を乗り切りましょう!

・発芽豆の観察日記 夏休みの自由研究に朝顔以外を観察してみよう

・さあ、発芽豆の観察で自由研究はさっさと終わらせて遊びにいこう!


広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする