不真面目/真面目が1/1=1になるように

ストウブホームマスター講座 使い方と美味しいレシピをプロから教えてもらえる!

slooProImg_20141008224052.jpg

「うわ、プロがストウブ使うとこんなに美味しい料理ができるのか!」

先日、ツヴィリングが主催するストウブホームマスター講座に参加してきました。プロの料理人の調理を見ながら、ストウブの使い方をレクチャーしてもらいます。

最後に実食ができるんですが、もうこれが美味しくて美味しくて。今日はその時のもようを。

広告


ストウブホームマスター講座って?

以下はホームページからの抜粋です。

イタリアンの有名シェフ、マリオ・フリットリ氏によるSTAUBを使いこなすマスター講座が開催されます。 プロのテクニックで幅広い調理ができるSTAUBの良さを再認識してみませんか?
マスター講座は2回連続の講座となり、講座修了後にはマスター講座修了認定バッチをプレゼントいたします。

二日間の講座内容。

一日目はStaub鍋を使ったことある人もない人もわかるように、鍋の特徴と美味しさの秘密を。

二日目はセラミックシリーズについて教えてもらえます。修了時にはテスト、修了書なんてのもあるようです。

一日目
■Staub鍋って何?

  • 歴史
  • 特徴
  • ラインナップ

■調理実習1

  • 蒸す
  • 煮込み
  • バリエーション

■調理実習の復習

  • 調理に対する理解
  • Staub鍋が美味しい秘密

二日目
■セラミックシリーズについて

  • 特徴
  • ラインナップ
  • コーディネート

■調理実習2

  • お米調理
  • 薫製
  • セラミック

■テスト・修了書、バッジのお渡し

楽しい講義

マリオ・イ・センティエリ

さて、今回の講座ですが会場は西麻布にあるマリオ・イ・センティエリで行われました。西麻布のお店だけあってお店がオシャレすぎます。(お店の写真を取り忘れたのでHPを見てもらえるとオシャレっぷりが)
~ Mario I Sentieri

ちょいワル風イケメンマリオ

そして講師はマリオ・フリットリさん。もうね、ちょいワル風イケメンイタリア人。イタリア人の知り合いっていないんですが、もう想像上のイタリア人そのまんま。
マリオ・フリットリ(文化人)プロフィール | ムーン・ザ・チャイルド – MOON THE CHILD

広告

  • イケメン
  • 話が上手い
  • 人たらし

三拍子そろってます。女性の接し方が上手いといより人たらし。受講者には男性も数人いたんですが、男性陣への気遣いもバッチリ。

プロの技が見られる!

今回の講義で特徴的なのは、生徒が料理して実食するのではなくプロが料理する様を解説を交えて見られるという点。

オープンキッチンの中と外でプロの技を存分に楽しめます。テレビのクッキング番組と違って五感で感じられるので記憶への定着が段違い。

写真は最近発売されたブレイザー ソテーパン。蓋の裏についてる突起物が従来のピコから形状が変わり、より水滴を食材に落としやすい形に。ナイキのロゴマークみたいになってます。もうねストウブ知らない人が初めて見たら「ナイキの鍋?」って聞いちゃいます。絶対。
PA041512

これを使うと食材から出る水分だけで料理できてしまいます。写真は山盛りのキノコと海老。これをソテーパンに入れて蓋をします。
PA041541

火にかけて時間がたつとキノコから水分が出て、こんなにカサが減ります。上に置いてエビも良い感じに蒸され。
PA041546

次はオーバル鍋を使った豚と季節野菜の煮込み。フライパンで焦げ目をつけた豚肉を鍋へ。
PA041521

香味野菜や季節の野菜と煮込んで。旨そう!
PA041522

五感が刺激される

自分が料理しないで見てるだけなんて、全然勉強にならないんじゃないか。そんな風に思っている人もいるかもしれませんが全然そんなことありません。

実際の料理を見ながらマリオがポイントを教えてくれるので、とても五感が刺激されます。料理の勘所がわかります。
「あ〜これぐらいの火力で焦げ目をつければいいのか!」

「お、こんな手順や材料を使うとこんな良い香りになるのか!」

「うわ、オリーブオイルはこんなに使っていいのか」

などなど。こんなの本ではわかりませんよね。プロの技を間近で見ると他にも応用できるくらい身につきます。

  実食

そしておまちかねの実食。料理名と写真を。

豚と季節野菜の煮込み。肉質がいいせいもあるけどストウブでゆっくり柔らかく煮てあります。
PA041581

色々きのこと海老のハーブ蒸し。水を使ってないから味が濃い。海老もプリプリ。
PA041574

こちらは講義ではなかったパスタ。うん。このレシピも教えてほしかった。
PA041576

ピスタチオのクリームブリュレ 赤ワインで煮たフルーツコンポート添え。ピスタチオのブリュレなんて初めて。ピスタチオのコクがいい味を出してる。
PA041592

我思う故に我あり

いや〜やっぱりプロの技を見ると勉強になりますね。ストウブは素人が作っても美味しい料理ができるんですが、プロが使うと全然別物に。

ちゃんとした材料で、ちゃんとした手順を踏めばストウブでこんなに美味しい物が作れるんだなと。ストウブ使ってる人は一度は受けるべきです!

興味がある方はツヴィリングJ.A.ヘンケルスオンラインショップのメールマガジンやFacebookに登録を。料理教室が開催される時にいち早く情報がゲットできるかと。
ご利用規約 / ツヴィリングJ.A.ヘンケルスオンラインショップ | ZWILLING、HENCKELS、STAUB(ストウブ)の公式オンラインショップ

そのうち書く予定の記事

ストウブの講座で習った料理を実際に作ってみる
気になる人は是非Feedlyの登録を!
follow us in feedly

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする