不真面目/真面目が1/1=1になるように

ここまでくると逆に潔くて清々しい。バンコクのフェイク事情

slooProImg_20160503230820.jpg

本日も歩き回った1日でした。足がパンパンです。

東南アジアといえばコピー商品で有名ですが、ここまで潔いと清々しいと思えてきます。

広告

前面に出してくる前向きさ

まずはこちら。「ハイクオリティのレプリカあります」。コピー商品だということをここまで前面に出してくるとは。
レプリカ

彼らの中では、あるいみ職人芸として誇れる分野なのかもしれません。

確かに色々見ていてもこの値段でこの品質ならアリかもな。と思うような品がたくさんあります。

ここまで真っ向勝負を挑むとは…

STARBUCKS COFFEE。さすがスタバ。バンコクでもいたるところに見かけます。現地の価格からしたら、かなり高価格帯なんですが、それでもお客さんが入っています。
スターバックス

そして、こちらは本日見つけたSTAR BACK CAFE。ああ、たしかにスタバだ。一瞬耳で聞いただけでは聞き分けられません。
スターバック

そして、この二つは仲良く並んでお店を出してます。天下のスタバに喧嘩を売ったSTAR BACK CAFE。これは日本だとありえないな…
スターバックス

我思う故に我あり

コピーする方もされる方も日常茶飯事というか、悪いことだと思ってないのかもしれませんね。

むしろ、こんなことをするのは悪いことだと思っている日本人の方が素直すぎるのかも。

商売の世界ではしたたかさが重要だなと思う1日でした。

広告

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー
SNSでフォローする