年会費無料 エポスカード新規入会で8,000円

バリ島 空港でSIMカードを契約【2019年】料金、買い方を解説

本日は、バリ島 デンパサール国際空港(ングラ・ライ国際空港)でSIMカード購入について紹介します。

せっかく海外旅行、バリ島を満喫したいし、安全に旅行を終えたいですよね。

旅行を楽しむためには、現地での情報収集が大事。スマホは常に使える状態にしておきましょう。

SIMフリーのスマホなら、SIMカードを交換すればバリ島でもスマホが使えますよ。

「海外のSIMなんて、買い方も、設定の仕方もわかならい……」

なんて思うかもしれませんが、とっても簡単ですよ!

この記事では、デンパサール国際空港でのSIMカードの買い方、料金などを解説します。

バリで使えるSIMカードは日本でも購入可能! 設定方法のマニュアルは日本語で書かれているので、誰でも設定できます。

バリの空港に売っているSIMカードは日本円で2,000円近くするので、AISの周遊プリペイドSIMカードの方が安く済みますよ。

スポンサーリンク

2019年9月8日までVoyagin(楽天が運営する旅行会社)で夏休みセールを開催中。バリ島のテーマパーク、ツアーの料金がびっくりするくらいお得になります!

夏休みセールを見てみる

バリ島 デンパサール国際空港でSIMカードが買えます

バリ島で使えるSIMカードは、街中まで行かなくて、空港で購入することができます。

SIMカードは空港で購入、設定するのがオススメ。空港から街中に出るまで、スマホが使えないとかなり不便です。

SIMカードの買い方、設定方法

SIMカードの購入、設定までは次の3ステップです。

  1. 現金を用意する
  2. 売り場でSIMカードを購入する
  3. SIMカードを設定する

現金を用意する

SIMカードは現金(ルピア)でしか購入できません。

クレジットカードでは購入できないので、空港に着いたらまずは現金を用意しましょう。

到着ゲートを出ると、すぐ脇に両替所・ATMが並んでいます。
ATM

日本円しか持っていない人は、両替所で交換。海外キャッシングできるクレジットカードを持っている人は、ATMで現金を引き出しましょう。

売り場でSIMカードを購入する

現金を用意したらSIMカード売り場に向かいます。

SIMカード売り場は、出口に向かう途中にあります。到着ゲートから歩いて20mほどです。
出口

SIMカード売り場。空港の職員に聞いてみましたが、SIMカード売り場はここだけのようです。
SIMカード売り場

SIMカードを設定する

SIMカードの設定は、売り場のスタッフさんがやってくれます。

スマホの言語設定を「 English」(英語)にして、スタッフさんにわたしてください。1分ほどで設定してくれます。

設定が終わったら、インターネットに接続できていることを確認しましょう。

スポンサーリンク

SIMカードの料金・価格はいくら?

こちらがSIMカードの料金表にです。
料金表

一番安いプランでも250,000ルピア。日本円で約2,000円です。

1、2週間の滞在であれば8GBのプランで十分です。

テザリングができます。グループで行動するなら1台分だけSIMカードを購入し、他の人はテザリングで使うといいでしょう。

日本で買える、バリで使えるSIMカード

バリで使えるSIMカードは日本でも購入できます!

設定方法のマニュアルは日本語で書かれているので、誰でも設定できますよ。

バリの空港に売っているSIMカードは日本円で2,000以上。AISのSIMカードなら、1,600円ほどで購入できます。

注意点として、8日間しか利用できません。8日以上滞在するなら、空港の売っているSIMカードにしましょう。

スポンサーリンク

我思う故に我あり

スマホが使えるようになれば、グーグルマップが見られるし、ネットで色々調べられます。

はじめてのパリでも心強いですよ。

SIMフリーのスマホを持ってないなら、海外Wi-Fiをレンタルしましょう。別記事で料金を比較しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください