不真面目/真面目が1/1=1になるように

めちゃくちゃ卵料理を食べまくったり、チョウザメを食べた1日【ベトナム旅行日記】

日記記事。ベトナム旅行12日目。

楽しかったホーチミン滞在も最終日。いつも以上に食べまくった1日でした。

人間食べようと思えば食べられるもんですね。

スポンサーリンク

路地裏の露店でローカルなストリートフードを堪能

まずは軽い昼食。路地裏の露店で食べることにしました。
露天

洋風のモツ煮?鍋というか金属のボウルに各種内臓が煮込まれています。
洋風もつ煮?

旨い。味はビーフシチューに近い味付け。彼女の話では夜になるともっと煮込まれて美味しくなるんだとか。パンにも合います。
洋風モツ

さらに別の露店に移動。オペラ座の近く。
露天

厚揚げ、すり身などが入った麺料理。ベトナム料理にしては珍しく辛かったです。
麺料理

もう一品はサラダ。パパイヤの実の上に乾き物が載ってます。おつまみのようなサラダです。
サラダ

ウズラ、鶏、アヒル! 怒涛の卵料理を堪能

結構お腹いっぱいだったんですが、彼女から「ブログ! ブログ!」と。ネタ作りのためにもっと食べろと言われちゃいました。

ということで、大量の卵料理を食べることになりました。

まずはウズラの卵焼き。小さい型にウズラの卵をひとつずつ入れていきます。具材はエビ、ネギ、豚肉のミンチ。
うずらのたまごやき作り

仕上げにマヨネーズとチリソースをかけて完成。美味しくないわけがない。
うずらの卵やき

もう一品は半分羽化したウズラの卵を軽く炒めたもの。
半分羽化したうずら

よくよく見ると羽毛が見えます。味は鳥というよりゆで卵に近いかな。美味しくも不味くもないです。笑
羽毛が見える

次は鶏の卵。
鶏の卵

よくよく見ると頭頂部に穴があいてます。この穴から調味料を入れて、卵の中身をかき混ぜて加熱してあるんです。
頭頂部が空いてる

カラをむきました。ちょっと色の濃いゆで卵にみえます。底の方には胡椒がたまってました。
中身を取り出した

外見はゆで卵ですが、かんでみると黄身はなく、外も中も同じ色です。
かんだ断面

次はアヒルの卵。鶏の卵よりちょっと大きいですね。
アヒルの卵

頭頂部をコンコン叩いて穴をあけます。
頭頂部に穴をあける

このアヒルの卵も半分羽化してます。あけた穴から中のスープを飲み干すんです。味が薄いので、少し塩を入れた方がいいですね。
中は半分羽化している

ある程度スープを飲み干したら中身を食べます。。味はウズラの卵より濃いですね。
半分羽化した中身

米粉のケーキと卵を一緒に焼いたもの。米粉のケーキはモッチリしているかと思ったら意外とサラッとしてます。食べやすい。おやつにピッタリ。
米粉のパンケーキと卵

シメにプリン。昔ながら手作りプリンって感じです。
プリン

子豚とチョウザメ

夜はお義兄さん、お義姉さんと一緒に夕食を食べました。

子豚の丸焼き。皮がパリッパリで、今日食べたモノの中で1番旨い! 日本でも食べられるだろうけど、絶対高いなこれは。
子豚焼いたやつ

チョウザメ。瓜をチョウザメにかぶせて、蒸し焼き状態になっています。
チョウザメ

チョウザメは白身の魚ですが、食感は青魚に近いですね。口の中でとろけるというより、身がパサっとしていて、口に残りました。
チョウザメ

チョウザメは結構高級食材らしく、1匹で30ドルくらいしました。個人的には子豚の方が安いし、美味しくて気に入りましたね。

大人6人、子供1人で食事して6,000円くらい。いや〜本当に安い

我思う故に我あり

食事中の会話で、次回はリスを食べさせてくれるとのことです。

リスってどんな味なんだろ……。ネズミと似たような味なのかな……。

いや〜、ちょっと怖いけど楽しみです。

スポンサーリンク

ベトナム好きなら「いいね」お願いします!
「ベトナム旅行」のお役立ち情報をお届けします。

Twitter で
プロフィール
Anabuki_Prof_10b.jpg
このブログを運営している穴吹英雄(ブッキー)です。

東京に住む料理好きの元エンジニア。2016年9月に11年務めた会社を退職

調理器具好き。特にストウブが好き。20個以上もっているマニア。ストウブブロガー。

ブログのおかげでベトナム人の彼女ができて、無事に入籍しました!

月間29万PV突破!詳しいプロフィールはコチラ

バナー広告掲載ご案内はコチラ

LINE@始めました。よかったら友達登録お願いします!
126.19.123.10-5